キッチン心理アドバイザー認定試験の口コミ評判を知りたい!

キッチン資格

キッチン心理アドバイザーって、どんな仕事?

キッチンは、人間の健康や美しさを生み出す原点となる場所ですよね。昨今は、食の大切さが重要視されている時代。ハリウッドセレブや日本の芸能界で活躍する女優さんの間でも、オーガニックやロハス、スローライフなどナチュラルな食生活をベースとするライフスタイルが注目されています。添加物を使わない食材や天然調味料のショップ、そんな食材を使った料理のための便利でおしゃれなキッチングッズのショップなどが街にも増えています。

同時に、暮らしの多様化によって子育てと仕事との両立など日常的な悩みを抱える女性が増えています。多忙な毎日の疲労が蓄積し、誰にも心の底の不安を相談することができず、鬱に陥ってしまう…そんな状態が、誰にとっても他人事ではなくなっている時代ともいえるのです。

キッチン心理アドバイザーは、家庭のキッチンに関わる作業に日々携わる人の心のケアを行ったり、またそういった能力があるカウンセラーを育てるインストラクターとしての活動ができる人に与えられる資格です。

キッチン心理アドバイザー認定試験に合格すると?

キッチン心理アドバイザーは、キッチンと心理の両面からカウンセリングを行える人が得られる資格です。キッチンに関わる知識や論理、心理アセスメント、チーム医療、地域精神、心理的アドバイスを理解している人が認定されます。

心理アセスメントとは、相談者のカウンセリングを始める前に、クライアント(相談者)の情報を収集すること。クライアントがどういった心理状態であるのか、症状を見極めるために、様々な方法で情報を得ます。その方法は自由面接であったり、心理テストであったりと様々ですが、適した手段を駆使して、心理的な援助や治療を行うために必要な情報をクライアント本人から入手します。

キッチン心理アドバイザーは、医療機関や癒やしの分野で事業展開を行う企業に対する就職活動でもアピールとなりますし、既に就業している場合は、キャリアアップのための大きな力となるでしょう。

また、キッチンでストレスなく食事を作れる空間についてのアドバイスができるので、住環境に関する知識が求められる建築分野、インテリア業界、食品関係の企業などでも活かせる資格です。

さらに、資格を保持していることで、自宅や街のスクールで講師として活躍することも可能です。

日本インストラクター協会の認定資格です

日本インストラクター協会は、野菜パティシエ認定試験や福祉心理アドバイザー認定試験、メンタル心理インストラクター認定試験など、主に人を癒やしたり、その癒やしに関する技能をインストラクターとして教える能力を認定する資格試験を豊富に扱っている機関です。キッチン心理アドバイザーの資格取得後は、プロのインストラクターとして活動できます。

キッチン心理アドバイザー認定試験の受験方法は?

日本インストラクター協会が行っているキッチン心理アドバイザー認定試験は、受験料1万円(税込み)です。試験は、およそ2ヶ月毎に実施されています。

インターネットで申し込んで、自宅で受験できるので、毎日忙しいけれど、受験しやすくて助かった家事と両立して受験できたとクチコミで高い評判を得ています。

キッチン心理アドバイザーは、悩んでいる人の役に立つ資格です。役立つ資格を取得して、新しい一歩を踏み出してみませんか?
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です