レジンアートデザイナー認定試験の口コミ評判を知りたい!

レジンアクセサリー

レジンアートデザイナーって、どんな仕事?

世は、空前のハンドメイドブーム。流行のフリマアプリの中にも、ハンドメイドアイテム専用のものがあって大ヒットしているなど、手作りアクセサリーの人気は、目に見えて高くなっています。
なかでもレジンでつくるアクセサリーは、比較的道具を揃えやすく、自宅でも凝ったデザインのものが作れるとあって注目されています。
レジンアートのアクセサリーは、樹脂をUVライトに当てて硬化させて作ります。UVライトはジェルネイルの際にも使うアイテムなので、レジンアートを始める前から持っていた、という人も多いのではないでしょうか?
アクセサリーの形やデザインは、自分で自由に考えることができます。レジンで作品をつくりあげる方法や、自分でUVレジン用の型を作ったり、シリコンの型を使ったりというさまざまなテクニックを駆使して、アクセサリーを完成させます。
こうしたレジンアート作品を作成する手順を熟知し、作品を仕上げ、人に教えることもできる仕事が、レジンアートデザイナーです。

レジンアートデザイナー認定試験に合格すると?

レジンアートデザイナーは、アクセサリーの作成手順はもちろん、オリジナリティあふれる自分だけのデザインやレシピを持っていて、すてきなレジンアート作品やレジンアクセサリーを作ることができる人に与えられる資格です。

レジンアートデザイナーの資格を所持していると、カルチャースクールや手芸ショップで開かれているレジンアートのスクールで、講師として活動できます。

また、自宅でレジンアートのスクールを開くこともできます。小さなお子様がいるお母さんなど、在宅ワークを考えている人にぴったりの仕事ですね。

日本デザインプランナー協会の認定資格です

日本デザインプランナー協会は、さまざまな分野におけるデザインの技術が、協会が定めた一定の水準以上であることを認定しています。

たくさんのデザインに関する資格を扱っていて、一部を紹介するとインテリアデザイナー、キャンドルデザインマスター、フラワーアレジメントデザイナー、ネイルアートデザイナー、クラフトハンドメイドマスターといった資格があります。

たくさんのデザインやハンドクラフトに関する資格を取り扱っていて、各スキルのスペシャリストが備えているべき業界水準に達していることを証明するものになります。

こうした規定を設定することで、業界全体のスキルアップと、資格取得者の社会的地位の向上を目的にしています。

レジンアートデザイナー認定試験の受験方法は?

レジンアートデザイナー認定試験は、インターネットで申し込んで、自宅で受験できます。申し込むと、受験票や試験問題、解答用紙など受験に必要なものが自宅に送られてきます。受験料は、1万円(税込み)です。

資格試験の内容は、UVレジンの基礎知識や使い方、必要な道具、便利な道具、作品の作り方をはじめ、アクセサリー作りの応用テクニック、具体的なアクセサリーの作成方法などが出題されます。ホームページに一部記載されているので、確認してみましょう。

アクセサリーデザイナーになりたいという夢が叶いました資格を取得したことで、趣味の範囲だった手作りレジンアクセサリーの販売を副業として始めることができましたといった喜びの声も届いています。
諦めずに続ければ、夢は叶うのです。今から始めても間に合います。口コミ評判も高いレジンアートデザイナーを、あなたも目指してみませんか?
レジンアクセサリー  レジンアクセサリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です