レターライティングマスター認定試験の口コミ評判を知りたい!

手紙の書き方

レターライティングマスターって、どんな仕事?

手書きの手紙をもらったら、ドキッとしませんか?

年始のあいさつも、お誕生日のお祝いも、スタンプをポン!と押してスマホで送信。今や、それが当たり前になっていますよね。

手紙の文化はすっかり影が薄くなり、便利で即時連絡がとれるメールやコミュニケーションアプリが通信手段の主流となりました。

そんななか、心のこもった手紙をもらったら…ときめきを感じませんか?そこに込められた、感謝の気持ちやお祝いしたい想いがとても大きく感じられます。

こんな時代だからこそ、手紙が持つパワーと魅力が光るのです。

レターライティングマスターは、手紙を書くスキルに特化した資格です。美しい日本語を使いこなし、思いを伝える…その技術と知識を備えていることが求められます。

レターライティングマスター認定試験に合格すると?

手紙を書ける能力があれば、ビジネスにもプライベートにも活かすことができます。元々、文章が得意という人もいるとは思いますが、客観的に認められるのは、やはり資格を取得していてこそ。レターライティングマスターの資格を取得していれば、しっかりとしたビジネスレターを作成する技能があることもアピールできるので、これから就職活動する人にとっては使えるツールになるでしょう。

既に就業している人にとっても、すぐにでも業務に活かせますし、今後のキャリアアップのために役立てることができます。

さらには、レターライティングマスター講師として教壇に立つことができます。ビジネススクール、カルチャースクール、自宅にオープンした教室で活躍する未来も描けます。

日本デザインプランナー協会の認定資格です

日本デザインプランナー協会は、デザインに関する様々な資格を取り扱う機関です。例えば、インテリアデザイナー、ホームーページWEBデザイナー、フラワーアレジメントデザイナー、ネイルアートデザイナーなど。デザインやハンドクラフトに関する資格を豊富に取り扱っています。資格所得者は、各分野のデザインの技術が、協会が定める一定の水準以上であることを認定されます。

なかなか客観的に技能が認められにくいデザインの分野だからこそ、こうした水準を設定することで第三者にも資格所得者の技能が伝わりやすくなります。そのため人事採用の現場でも、スムーズに必要な技能を備えた人材を見極めることができます。さらには資格取得者の社会的地位の確立と向上も狙っています。

レターライティングマスター認定試験の受験方法は?

インターネットで申し込みができて、自宅で受験できるのが便利だと、口コミ評判も高いレターライティングマスター認定試験。申し込むと、受験票、試験問題、解答用紙など受験に必要なものが自宅に送られてきます。受験料1万円(税込み)を、代金引換(現金・クレジットカード・デビットカードが使用可能)で支払います。

きちんとした手紙を書ける技能を身に付けていると、ビジネスにも、プライベートにも、生涯に渡って役に立つことでしょう。この機会に、レターライティングマスター認定試験にチャレンジしてみませんか?
手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です