日本料理インストラクターの口コミ評判を知りたい!

和食資格

日本料理インストラクターって、どんな仕事?

日本の風土や四季を想う心を大切にし、日本らしい食材を用いて作られる日本料理。海外のセレブからは、ダイエットフードとしても高い関心を寄せられています。

2013年12月には、日本料理が無形文化遺産にも登録されました。健康によくてヘルシーである日本料理は今、世界中から注目を集めています。

日本国民が日常的に食べている家庭料理から、料亭などで出される会席料理、お寺などの精進料理など、日本料理とひとくちでいっても幅広い形式があります。

日本の食文化に造詣が深く、日本料理の歴史、一汁三菜を基本とする形式、四季折々の食材、和包丁など日本料理ならではの調理道具、栄養バランス、献立や調理方法など、日本料理に関する一定以上の知識とスキルを持っている日本料理のプロフェッショナルが、日本料理インストラクターです。

そして大きなポイントが、そうした技能を人に教える力を持っているということ。日本料理の知識やスキルを自ら使いこなすだけでなく、新しい人材の育成ができるインストラクターであることを証明するのがこの資格です。

日本料理がグローバルに脚光を浴びている今、日本料理インストラクターは今後、各方面でひっぱりだこになる資格といって間違いないでしょう。

日本料理インストラクター試験に合格すると?

日本料理インストラクターは、日本料理についての知識と技能を有し、そのスキルを教える力を持っている人に与えられる資格です。日本料理インストラクターの資格を所持していると、フリーの日本料理のスペシャリストとしての活動ができますし、料理・食品業界への就職活動の際にも強みとしてアピールできることでしょう。

調理師免許を持っている人も、さらなる専門性を求めて取得したり、結婚を考えている人が、花嫁修行のような感覚で資格を取得したりするケースも多いようです。

将来は自宅で日本料理の教室を開くこともできますし、街のカルチャースクールで講師としての活動もできます。

日本インストラクター協会の認定資格です

日本インストラクター協会は、専門的な技能について、一定の水準以上の知識・スキルを有し、教える力があることに関する認定資格を扱う機関です。

日常生活を豊かなものにする趣味の資格や、医療現場で役立つ資格、人を癒やしたり夢を与えることができる資格など、幅広い資格を取り扱っています。

例えば、タロットカード占いインストラクター、管理健康栄養インストラクター、犬のしつけインストラクター論理的思考インストラクター、苔玉作りインストラクター野菜パティシエ認定試験など。インストラクターとしての資格なので、どの資格であっても資格を取得すると、講師としての活動が可能です。

日本料理インストラクター試験の受験方法は?

日本インストラクター協会が行っている日本料理インストラクター試験は、インターネットで申し込みをして、自宅で受験できるシステムです。受験料は1万円(税込み)。試験は、およそ2ヶ月毎に実施されています。忙しい人でも受験しやすいと口コミ評判も上々です。
和食  和食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です