漢方コーディネーター認定試験の口コミ評判を知りたい!

漢方薬膳

漢方コーディネーターって、どんな仕事?

漢方とは、諸説はありますが、16世紀の室町時代の頃に日本へ伝来した伝統的な東洋医学や薬術が発展したもののこと。そうした漢方の基礎的な知識を持っていて、実際に暮らしに活かして健やかな身体づくりを行うことができる人が得られる資格が漢方コーディネーターです。

そういった漢方の歴史や思想についての知識はもちろん、漢方の基本である人の身体を構成している3つの要素気・血・水といった生命エネルギー、元気や気力、神経機能、代謝・免疫機能、胆のう・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦(リンパ)といった五臓六腑についての知識を求められます。そのうえで漢方薬の特徴や使い方、漢方における診断方法や養生の方法など、漢方独自の見立てによって健やかな心身づくりを目指します。現代日本で一般的に広まっている西洋医学の分野とは一線を画す漢方ですが、近年では漢方を用いた治療を摂り入れている病院も少なくありません。

漢方コーディネーターは、漢方を活かして自分自身の暮らしを充実させたいという人、資格を仕事に活かしたい人、また講師としての活動を目指す人が持っていると役に立つ資格です。

漢方コーディネーター認定試験に合格すると?

漢方コーディネーターは、漢方を用いたり漢方についての知識を教えたりできる資格なので、漢方を扱っている医療機関や薬局、また漢方を扱っている企業、癒やしやリラックス関連の企業などの就職活動の際にアピールできる資格です。既にそういった仕事に就いている人は、これからのキャリアアップに役立つ資格といえるでしょう。

漢方コーディネーターの資格を保持していると、自宅で漢方スクールを開いたり、漢方をテーマにしたカフェのオープンにも活かせます。街のカルチャースクールの漢方教室で、講師として活躍することも可能です。

日本安全食料料理協会の認定資格です

日本安全食料料理協会は、コーヒーソムリエ認定試験やワインコンシェルジュ認定試験、ハーブインストラクター認定試験、薬膳調理師認定試験など、主に食に関連する専門性の高い資格を扱っている機関です。それぞれ食品・料理・食育などに関する一定以上のスキルを持っていることを認定する資格が揃っています。

こうした水準を定めることによって一般社会における食習慣の向上を前提に、企業や現場で人事採用の際の客観的な尺度を指し示し、資格所有者の社会的地位の確率を図ることが目的です。それにより、食育や食文化に関するさらなる優秀な人材の育成を目指しています。

漢方コーディネーター認定試験の受験方法は?

日本安全食料料理協会が行っている漢方コーディネーター認定試験は、受験料1万円(税込み)です。試験は、およそ2ヶ月毎に実施されています。クレジットカードによる決済が可能です。

インターネットで申し込んで、自宅で受験できるので、毎日仕事が忙しいのでありがたかった主婦をしながらでも受験しやすくて助かったとクチコミ評判も上々です。

人気の高い漢方コーディネーターの資格。家族や自分の健やかな暮らしに直接役立つうえ、仕事にも活かせる資格でありながら、この分野のスペシャリストは、今現在どこにでもいるという状況ではありません。健康ブームの今、今後特に必要とされる資格を今こそ取得してみませんか?
漢方・薬膳  漢方・薬膳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です