福祉心理アドバイザー認定試験の口コミ評判を知りたい!

福祉

福祉心理アドバイザーって、どんな仕事?

ストレス過多な現代社会では、誰もがメンタルケアを必要とする状態に陥るリスクにさらされています。

特に福祉の現場では、心理ケアを必要とする患者さんが数多く存在します。高齢者のうつ病や子供の虐待などといった一見特殊な事例も他人事ではありません。

そんな現代日本において、今後ますます需要の拡大が容易に想像される福祉の現場。福祉心理アドバイザーは、福祉の現場で重要とされている患者さんの心理ケアやアドバイス、教育を行う人に与えられる資格です。近頃は、口コミ評判も高く、幅広い年齢層の人々の話題を集めています。

福祉心理アドバイザー定試験に合格すると?

福祉心理アドバイザーは、人間の複雑な心理を理解できる心理学の基礎知識と、福祉や介護に関する広範囲な専門知識をもちあわせた、福祉の現場における心理ケアのプロフェッショナルです。

福祉心理カウンセラーの資格を取ると、様々な福祉施設、介護施設、医療機関や教育期間での活躍が可能となります。これから仕事を探そうと考えている人にとっては、就職活動にも有利になるでしょう。福祉心理アドバイザーの資格を取得した後は、自宅やカルチャースクールで講師としての仕事を始めることも可能です。

日本インストラクター協会の認定資格です

福祉心理アドバイザー認定試験は、日本インストラクター協会が主催する認定試験です。日本インストラクター協会は、教える力を始めとする知識や技能が一定の水準以上であることを認定する資格を取り扱っています。

この資格は、企業や福祉の現場、学校などで講師として活動することを目標とする人に、特に人気が高い資格でもあります。

福祉心理アドバイザーの口コミ評判って?

また、特にアドバイザーとしての職業に就くことを考えていなくても、福祉に関わる仕事をする人にも取っておけば必ずプラスになる資格です。

患者さんの気持ちを理解しながら対応することができるようになるので、よりいっそうクオリティの高い仕事が可能となることでしょう。福祉のことを様々な視点で考えられるようになったといったリアルな口コミも届いています。

目に見えにくいアドバイザーのスキルだからこそ、認定資格を取ることにより資格保持者がもっている技能が第三者の目にも明らかになり、信頼にも繋がることでしょう。

福祉心理アドバイザー認定試験の受験方法は?

日本インストラクター協会が行っている福祉心理アドバイザー認定試験。受験料は、1万円(税込み)でインターネットから申し込みを行い、在宅で受験できるとあって、受講料が意外と安くて助かった自宅で受験できるので、時間がなくても資格が取れたとの口コミでの評判も上々です。2ヶ月ごとに試験が実施されているので、忙しい人も受験しやすいと喜ばれています。

今後ますます高齢化が進み、お年寄りや怪我や病気などで障がいをもっている人が社会進出する機会が増えていくことが予想されます。福祉心理アドバイザーは、そういった時に、福祉や介護の現場で求められる仕事です。心理ケアを必要とする人々をサポートする大切な役割を担う時、必ず役立つ資格です。この機会に受験してみてはいかがでしょうか?

福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です