福祉心理カウンセラー認定試験の口コミ評判を知りたい!

福祉

福祉心理カウンセラーって、どんな仕事?

ストレス社会である現代日本において、心のケアは欠かせないものです。なかでも福祉心理カウンセラーは、福祉の現場において非常に重要視されている心理ケアのための資格です。

福祉心理カウンセラーは、心のケアを中心とした技術において、一定の水準以上の知識とスキルを備えている人に与えられる資格です。

普通の心理カウンセラーとは異なるのは、心理学に関する知識だけでなく、福祉に関する知識をもっていて、ストレスからくる様々な症状を理解し、症状に合わせたケアを行うところです。

福祉心理カウンセラーの活躍の場となる施設には、児童相談所、児童養護施設、精神保健福祉センター、老人福祉施設、リハビリテーションセンター、知的障害者擁護施設、女性センターなどがあります。

ここで、理学療法士、言語療法士、作業療法士、ソーシャルワーカーといった職業の人々と連携して、治療や教育・生活指導を行うこともあります。

近年は、福祉心理カウンセラーによる心のケアを必要とする女性からの相談が特に増えている傾向にあります。

子育てに迷う母親や、DV(ドメスティックバイオレンス)で心身に傷を負った女性、身寄りのない高齢者、セクシャルマイノリティなど、ストレスや痛みを抱える人々の相談に応じ、健康の維持と、これからの生活について一緒に考えるのが福祉心理カウンセラーに求められた使命です。

こうした福祉の現場では、心のケアを必要としている人が増加傾向にある一方で、サポート体制が十分といえません。ケアにあたる人材も不足しているので、福祉心理カウンセラーの資格保持者は、これからの社会でいっそう必要とされることでしょう。

福祉心理カウンセラー認定試験に合格すると?

福祉心理カウンセラー認定試験は、カウンセラーとして活動できる一定のレベルまで達している人が認定される資格試験です。資格取得後はカウンセラーとして活動できます。

実は、カウンセラーを職業とすることについては、特に資格は要りません。誰でも名乗ってしまえばカウンセラーにになれます。とはいえ、実際には、カウンセリングは誰にでもできるることではありません。現実には資格がないと、カウンセラーとして仕事を得ることは難しいでしょう。福祉や心理学に関する基礎知識、ストレスが原因で起きる様々な症状の知識がなければ、人の心のケアを行うことができないからです。

また、カウンセラーとして仕事をするわけでなくても、福祉関係の仕事に従事している人にとっては、持っていて損はない資格です。心のケアを必要とする患者さんのことをより深く理解できるので、心の通ったクオリティの高い仕事ができるようになるでしょう。

福祉心理カウンセラー認定試験の受験方法は?

福祉心理カウンセラー認定試験を行っているのは、日本アロマメディカル心理セラピー協会です。この協会では、心のケアを中心とした技術の各スキルを認定しています。

受験料は、1万円(税込み)。インターネットから申し込みを行い、在宅で受験できます。2ヶ月置きに受験のチャンスがあるので、忙しい人も受験しやすいシステムです。これを機に勉強を始めてみてはいかがでしょうか?
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です