食用オイルソムリエ認定試験の口コミ評判を知りたい!

食用オイル

食用オイルソムリエって、どんな仕事?

おいしくてヘルシーなオリーブオイルをはじめ、食用オイルの健康効果が注目を集めています。

ココナッツオイル、えごま油、ホホバオイル、ひまし油、アーモンドオイル、アルガンオイル、マガデミアナッツオイル、くるみ油など、食用オイルには様々な種類のものがあります。

体内で生成することができない必須脂肪酸であるオメガ3。ダイエットにも欠かせない油で、近頃、ヘルシー志向の人々の間で話題になっている成分です。免疫機能を整えたり、炎症を抑えたり、血栓や認知症を予防するといわれています。食用油には、そのオメガ3を効果的に摂取できるものがあるのです。

食用オイルソムリエは、オメガ3をはじめとする食用油に縁の深いオメガ6、オメガ9脂肪酸、リノール酸、オレイン酸、αリノレン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸といった成分に関する知識も必要です。

食用油の種類と、その油にはどんな健康効果が期待できるか、オイルごとの特徴や使用方法、美容効果、ダイエット効果などの幅広い知識を有していること、求めている効果に合わせて最適な食用油をセレクトして使用することができる技能が求められる仕事です。

食用オイルソムリエ認定試験に合格すると?

食用オイルソムリエの資格を取得すると、自宅で食用オイルソムリエスクールをオープンすることもできますし、カルチャースクールなどで講師活動をすることが可能です。

飲食や食品関係の仕事に就いている人にも人気が高い資格です。料理家やシェフとして既に活躍中の人が、さらなる専門性を追求するために食用オイルソムリエの資格を取得することも多々あります。

仕事に活かしたい、お店をオープンしたいという人に限らず、ご家庭の主婦の方にとっても、家族の健康に大いに役立つ資格なのでオススメです。

日本安全食料料理協会の認定資格です

日本安全食料料理協会は、食品や料理に関する専門性の高い知識とスキルを有していることを認定する資格を豊富に取り扱う機関です。

具体的には、コーヒーソムリエ認定試験、ワインコンシェルジュ認定試験、紅茶マイスター、ハーブインストラクター認定試験、漢方コーディネーター、和食エキスパート、ベジスイーツマイスターなどといった資格を用意しています。

資格という各スキルの一定の水準を明確に規定することで、資格取得者の社会的地位の確立と向上を目指しています。こうした水準が規定されていれば、人事採用の現場でも、その専門職に必要な知識やスキルを十分に持ち合わせている人材の採用や育成ができるので、業界全体のスキルを高めるということにも繋がります。

食用オイルソムリエ認定試験の受験方法は?

食用オイルソムリエ認定試験は、日本安全食料料理協会のホームページから申し込みを行います。インターネットで申し込んで、自宅で受験するシステムです。申し込むと、受験に必要なものが送られてくるので、指定期間の都合のよい日時に試験を受けて、解答用紙を返送します。面倒のない受験のしやすさが口コミ評判でも好評です。受験料が1万円(税込み)とお手頃なのも嬉しいポイントです。
食用オイル  食用オイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です