DIY工作アドバイザー認定試験の口コミ評判を知りたい!

diy

DIY工作アドバイザーって、どんな仕事?

日曜大工のことを近年ではDIYと表現しますよね。英語のDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略で、自分でやるという意味です。元々は日曜大工にかぎらず、専門家に頼らないで自分自身で作業することを指す言葉になります。
DIY工作愛好者は日本全国に大勢いますが、その多くは未経験者。それでいて、ジグゾーやノコギリなどの工作用の道具を使いこなし、住まいの修繕や家具の製作などを行うといった大きな夢を持っています。
理想は大きく抱いていても、元々専門家の作業範疇であるこうした作業を、未経験者が自分の力だけでカンタンに行えるものではありません。
日本全国では、こうしたDIY工作希望者に対し、適切な指導ができる人材がまだまだ不足しています。確かな知識と技能を持ち、人にアドバイスできる能力がある人材が求められています。
昭和47年に日本に初めて誕生したホームセンターは、年間100~200店のペースで増え続けました。バブル崩壊やリーマンショックなど経済的に落ち込んだ時期があったにもかかわらず、現在でも店舗数は順調に延び続けています。
それまでの日本人は、成功して高価なものを手に入れたいという考え方でしたが、経済の落ち込みとともに節約ブームとなり、多くの人々がささやかな楽しみの積み重ねで日常生活を豊かにするという考え方にシフトチェンジしたためといえそうです。

DIY工作アドバイザー認定試験に合格すると?

DIY工作アドバイザーは、DIY工作に関わる知識、DIY工作に必要な道具の使い方などの基礎的な知識や技能を理解・習得していて、実際に家具などを自分で製作でき、さらには人にアドバイスする能力を有する人に与えられる認定資格です。

DIY工作アドバイザーの資格を取得していると、実際にDIY工作アドバイザーとしてホームセンターや資材メーカーなどの関連企業へ就職することができます。

また、ホームセンターで開催されるDIY工作教室や、カルチャスクールで講師活動ができますし、自宅でスクールをオープンすることも可能です。フリーのDIY工作アドバイザーとして、様々な活動ができます。

日本生活環境支援協会の認定資格です

日本生活環境支援協会は、DIY工作アドバイザーのほか、ドッグトレーニングアドバイザー、ベランダ菜園アドバイザー、温泉観光アドバイザー、収納マイスター、ハウスクリーニングアドバイザー、ガーデニングアドバイザーなど、暮らしや生活を豊かにする資格を豊富に取り扱っている機関です。

それぞれのスキルが、一定以上の水準に達していて、各スキルの専門家としての知識や技能を備えている人に、認定資格が与えられます。各スキルの水準を規定しておくことで、資格保持者の社会的な地位の確立を図ることを目的としています。また、企業など採用の現場においても、こうした水準を設けていると、求めるスキルを持った人材を見極めることができますし、企業や教育現場で有効活用できる人材を育成することができます。

各スキルが関わる業界全体がさらなる向上を果たすため、その業界に関わる人々が幸せになるために役立つ認定資格制度です。

DIY工作アドバイザー認定試験の受験方法は?

DIY工作アドバイザー認定試験は、受験料1万円(税込み)です。試験は、およそ2ヶ月ごとに実施されています。

主な試験内容は、DIY工作の基礎知識、必要な道具、便利なボンドやマスキングテープやアクリル絵の具の種類、ノコギリや電動ドライバーなど道具に関する知識、実際の工作方法、工作に使う素材、DIY工作における注意点などです。ホームページの記載を確認してみましょう。
DIYアドバイザー  DIYアドバイザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です