これがあれば引く手あまた!需要のある資格ランキング

資格

資格を取れば、就職に有利です。経験も重要ですが、きちんとした基礎知識があるということは、それだけで信頼感が増します。今回はさまざまな職種において、需要のある資格をランキングにしてみました。

1位  CADデザインマスター

CADが使えるひとは、即戦力として各方面から需要があります。CADデザインマスターは、世界標準CAD、AUTOCAD、JWCADを使い、建築・機械・設備・電気・土木業務の中で的確に作図できる能力を持ちます。
なんといっても、作図においてCADは世界中で使われているツールです。CADの資格を持ち、正確なスキルと知識を身につけておけば、自宅にいても世界中の仕事を請け負うことができます。
建築業界では、CADの資格を持つ人は優先的に雇用されます。また、機械・設備分野でも同様です。小さな会社では、CADを持つ人はインストラクターとして雇用される場合もあります。
需要という点において、CADデザインマスターは優れた資格といえるでしょう。

2位  インテリアアドバイザー

インテリアアドバイザーは、その名のとおり、インテリアの適切なアドバイスを行う人です。インテリアといっても、家具に限りません。照明や、設備、色の配置などの知識も必要です。
ショールームやインテリアショップで働こうと思っている人にはマストな資格といえます。この資格の強みは、知識の幅が広く、お客様とのコミュニケーション役として役に立つところにあります。インテリア関連企業、建築設計などでは、必ず求められる人材でしょう。

3位  ワインコンシェルジュ

飲食業界において、やはりワインは特別なものです。せっかくの外食だから、雰囲気や料理に合うワインを楽しみたい・・・そんな人に的確にアドバイスできるのが、ワインコンシェルジュです。この資格の勉強をすれば、正確な知識と優雅なサーブがみにつきます。
飲食業界、とくにセレブが通うような高級レストランでは、バイトでもワインの知識が必要とされます。そんなとき、ワインコンシェルジュの資格は役に立つでしょう。飲食関係はもちろん、接客が必要な商売や、営業職などでもワインの知識は需要があります。

4位  飾花インストラクター

飾花インストラクターは、フラワーアレンジメントの知識と技術がある人がもつ資格です。花屋以外でも、飾花インストラクターが活躍できる場は幅広くあります。
たとえば結婚式場。美しい花嫁をひきたたせるお花がさまざまなに飾ってありますよね。あれらは飾花のプロの仕事です。
それとは逆の、葬式会場。こちらも遺族の心をなぐさめる、美しい花が飾られています。冠婚葬祭で、花は欠かせない存在なのです。
冠婚葬祭のかかわるお仕事全般で、飾花インストラクターは需要があります。また、レストランや料亭などでも、定期的に花を飾る人を募集していることがあります。

5位  服飾インストラクター

アパレル業界において、意識の高いプロフェッショナルの需要が高まっています。服飾インストラクターはそのような企業において、非常に役に立つ資格です。どのような服を着ればどのように見えるか、主観的なセンス以外に、下積みされた知識があることによって、幅の広いお客様の要望にこたえることができます。ファッション関係、デザイン関係、スタイリストなどを目指しているのならば、需要がみこめる資格といえるでしょう。

まとめ

どの業界で活躍したいかによって、とるべき資格は変わっていきます。就職が厳しい今だからこそ、努力の証である資格はひとつの証となります。需要が見込める資格を取って、人気職種を目指していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です