コーヒー・カフェ資格ランキング

珈琲

コーヒーやカフェが好きな人、それを資格という形にできることを知っていますか?最近はおしゃれなカフェがどんどん増えていますね。それにともなって、バリスタなどの職業も人気です。バリスタになりたいのであれば、資格取得が近道です。今回はコーヒー・カフェにまつわる資格をまとめてみました。

1位  コーヒーソムリエ

かつてコーヒーアドバイザーといわれていた資格です。コーヒー豆の種類や産地、美味しい豆の選別法、焙煎など、コーヒーを愛する人にはとてもためになる資格です。カフェを開こうと思っている人にはもちろん、自宅で美味しいコーヒーを楽しみたい人のための知識も身につきます。はやりのラテアートなども学べますよ。

2位  カフェオーナースペシャリスト

前はカフェマイスターという名称でした。とにかくカフェが大好き!という人やカフェを経営したい多くの人が取得している資格です。
マーケティングの基礎知識や、開業・運営の知識が必要です。カフェの内装や設備まで問われますから、ただカフェを楽しむだけではなく、企画までできますね。通信講座などで学べば、在宅で取得できます。

3位  コーヒーマイスター

コーヒーマイスターは、コーヒーに対する深い知識と基本技術を習得したプロのコーヒーマンが認定される資格。日本スペシャルティコーヒー協会が主催するコーヒーマイスター養成講座を修了し、認定試験に合格することが条件となります。
コーヒーへのこだわりが強いならこの資格はおすすめです。現在、コーヒーに関わる仕事をしている人も、よりスペシャリストとしての道を究めたいなら、講座を受講してみましょう。

4位  コーヒーインストラクター検定

全日本コーヒー商工組合連合会がコーヒーの正しい知識の普及と技術の向上を目的として立ち上げた認定資格です。3つに分かれていて、インストラクター2級の次はコーヒーインストラクター1級、そして最後はコーヒー鑑定士の順に取得できます。まさにコーヒーを扱うスペシャリストです。鑑定士ともなると、かなり高度で専門的な知識が必要となります。

5位  JBAバリスタライセンス

バリスタの資質の向上を目指し、コーヒー業界の振興に貢献するために組織された日本バリスタ協会(JBA)が、行なっている、バリスタの資格認証(3段階)です。バリスタ養成のための公的な機関となります。スクールを受講する必要がありますが、認定後は各地でバリスタとして活躍できます。

6位  コーヒーコーディネーター

コーヒーコーディネーターは、日本通信振興協会による資格。好きなときに受講でき、在宅で資格を取得することができます。コーヒーマイスターとは協会が違い、制限があまりないため、初心者が始めるには最適な資格となります。お家でコーヒーを美味しく楽しみたい人におすすめの資格です。

7位  カーサバリスタ

カーサバリスタは、日本能力開発推進協会が主催する資格です。コーヒー豆の専門的な知識にくわえ、コーヒーの抽出技術、デザインカプチーノの作成技術を備えていることを証明する資格になります。飲食関係の人に推奨されています。JBAバリスタライセンスと比べると少し認知度は低いですね。

まとめ

カフェ、コーヒーの資格だけでもたくさんあるものですね。最近のカフェ人気とあいまって、これらの資格は年々受講者が増えてきています。お店を持とうとする人はもちろん、お家で素敵なカフェタイムを過ごしたい人も、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。
カフェオーナー  カフェオーナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です