インテリアアドバイザー認定試験口コミ評判

インテリア

インテリアアドバイザーとしての役割はお客様の求める部屋作りの要望を聞き、コーディネートしてアドバイスすることです。
インテリアデザイナーとは違い、経費の計算や3DCGなどの知識は必要ないので、インテリア関係の職種の始めの一歩としてぴったりの仕事です。

インテリアアドバイザー認定試験の口コミ

インテリアアドバイザー認定試験を受験する多くの人は、仕事としてインテリアに関わる方が多いです。これからインテリア関係の仕事へ転職、就職を考えて受験される方もいます。
販売面や営業面で不安や悩みを持つ方は、試験を通してお客様の希望に沿ったアドバイスができるようになるなどの自信にも繋がります。
また、自分のアイディアをどう提案していいか分からない、という方も認定資格を取得されています。
インテリアアドバイザー認定試験は高い人気です。理由のひとつに初心者の方でも取得できることが挙げられます。
インテリア業界に就いていない方でも、通信講座などで最短2ヶ月で取得できます。そのため独学で合格する方も多いようです。
また、企業側がインテリアアドバイザー認定試験の講座や教材を提供することも多いことから人気の高さと有用性が伺えます。
通信講座では公式に日本デザインプランナー協会から認定されているものもあり、受講が完了すれば試験が免除となり、資格を取得できる内容のものもあります。

インテリアアドバイザー認定試験の概要

受験方法は在宅受験の形が採用されており、忙しい方にも優しい仕組みになっています。
申し込みから資格取得まで自宅で完結するので、北海道や沖縄などの遠方の方にも受験しやすくなっています。
日本デザインプランナー協会にインターネットで受験を申し込みを済ますと、試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
問題を受け取る際に代引きの形で受験料の10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。70%の評価を得られれば合格となり、インテリアアドバイザーとして認定されます。
認定されれば様々な仕事に活かすこともできますし、また、講師として教育や指導が可能になります。

様々な仕事に活用できる

人気のもうひとつの理由に資格を活用できる業界が多いことが挙げられます。
インテリア業界だけと思われがちですが、リフォームなどの住宅改修、不動産、ディスプレイで売り上げが変化するアパレル業界、結婚式場など、様々な業界で必須になります。
リフォームなどの住宅改修業界、不動産業界の需要は当然ですが、アパレル業界、冠婚葬祭の場でも活用されるのはあまり知られていません。
扱う商品が素晴らしい価値があっても、そのお店自体がセンスのない内装、展示ではお客様を呼び込むのは難しくなります。
センスのないお店で良い商品を探そうと思う人はかなりの少数です。お客様を呼び込むためにもインテリアアドバイザーのプロの技術は様々な業界で必要とされています。
また、試験ではインテリアに関する知識のみではなく接客方法も学びますので、販売員としてのスキルも身につけることができます。
中には独立し、自宅や教室で講師として活動される方や、フリーランスとして依頼を受注し仕事をされる方もいます。
仕事以外でもプライベートでも家の中のインテリアにこだわったり、友人のプレゼントに活用することもできます。
インテリアデザイナー資格  インテリアデザイナー資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です