インテリアデザイナー認定試験口コミ評判

インテリア

インテリアデザイナーとは、インテリアだけを選ぶのではなく、家具や照明などを用いて住空間の一部から全体までの演出や空間のデザインをします。
独立し、フリーランスとして活動することもでき、多くの人が活躍しています。

インテリアデザイナー認定試験の口コミ

取得される多くの方は建築業や住宅業界に従事する方です。インテリアデザイナーとして信頼を受けるにも資格は有効です。
現在インテリアデザイナーとして活躍されている方や、これから目指すという方には特にオススメの資格です。
また、在宅ワークとしての人気も高く、資格取得後に講師として活躍される方も多くいらっしゃいます。
試験ではインテリアを作成するために必要な材料原価の計算なども問われます。なので、予算に沿った提案やデザイン力が身につくというのも人気の一つです。
日々の暮らしに密着したインテリアデザインは需要があり、注目されています。
建築士としての資格を持っているとインテリアデザイナーとしても非常に有利になります。
建築士は建築基準法に定められた各種法令の基準を守りながら建築の設計を行えます。インテリアデザイナーは各種法令に違反しない範囲の建築の意匠の一部しか担当できません。
ですので、建築士としての資格も持っていれば全てをこなす事ができるため更に需要が高まります。
建築業界以外でも、一般住宅や結婚式場など、日常から非日常までの空間をインテリアなどで活躍します。

インテリアデザイナー認定試験の概要

インテリアデザイナーとして幅広い知識を持っていることを認定する試験です。家具や照明などのインテリアに関する商品知識や、販売や技術等に関して幅広い基礎知識が問われます。
試験は在宅受験の形を採用してありますので、時間の取れない社会人から主婦の方でも気軽に挑戦できます。
インターネットから受験の申し込みをします。後日、日本デザインプランナー協会より試験問題と解答用紙が郵送されます。
試験問題と解答用紙を受け取る際に、代引きの形で受験料の10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送します。70%の評価を得られれば晴れて合格です。
試験は2ヶ月に1回、偶数月に行われています。
資格取得後は自宅やカルチャースクールで講師として活動することもできますし、また独立する方も多いです。
試験の勉強方法は独学や通信講座が主流です。独学の場合、ある程度の基礎知識がある専門学校を卒業している方が多いです。
何の知識も無く始める場合は通信講座を選ばれる方が多いです。講座によっては1つの講座を受講すればインテリアデザイナー認定試験とインテリアアドバイザー認定試験の2つの資格が取得できるものもあります。

独立してフリーランスとして活動もできる

試験により材料原価の計算も身につきますので、独立に必要な知識も備えることができます。
経験を積み、クライアントの予算を含む希望を叶えるなどの実践的な提案ができれば多くの依頼を受けることができます。
クライアントに説明する際、デザインの詳細を伝えるため必然的にプレゼンテーション能力も磨かれます。
独立するとなると、クライアントへの説明のプレゼンテーション能力や、販売を目的としたコミュニケーション能力も必要です。
直接お客様と接するならば幅広い商品知識はもちろん、信頼される関係作りも時に必要となります。
活動によってはインテリアコーディネーターの資格もあると有利です。
フリーランスとして活動される方は沢山います。その人その人に合った環境をデザインするセンスを常に磨くことが必要です。
インテリアデザイナー資格  インテリアデザイナー資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です