エクステリア資格人気ランキング

エクステリア

エクステリアとは、造園や建物の外観のことを言います。DIYなどが流行している今、エクステリアにこだわりを持つ人も増加しています。以前は、建物や住宅に関しても内部を重視している傾向にありましたが、現在は外観や庭をおしゃれに指定という人が増えており、趣味として、自分だけの空間や、友達やお客さんに見せるためにおしゃれに指定という人もいます。そんなエクステリアに特化した資格についても人気を集めているようです。今回はその資格を人気ランキングという形でご紹介していきたいと思います。

1位 エクステリア心理カウンセラー

エクステリア心理カウンセラーの資格は、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催している認定試験です。内容としては、エクステリアの基本知識を習得したうえで、場合や状況に応じて心理カウンセリングすることのできる能力を持っている人へ与えられる資格です。住宅の外観は人の心理に影響をもたらすものとなっています。庭に木や花を植えたり、外観を変えたりすることで家の雰囲気ががらりと変わり、気分も変わることがあります。どのようなエクステリアがどのように心理的影響をもたらすのかを分析することができる資格がエクステリア心理カウンセラーです。すでに建築関連の実務経験のある方などが取得するケースや、心理的効果に興味のある人などゼロから資格取得を目指す場合もあります。取得に当たっては制限がないため、誰でも受験できるということも人気の一つとなっています。

2位 エクステリア心理アドバイザー

エクステリア心理アドバイザーは、日本インストラクター協会(JIA)が主催の認定試験で、心理の面からの相談援助する知識を習得している人で、エクステリアに関わる知識などを持ち合わせており、心理的アドバイスができると認められた方へ与えられる資格です。住んでいる人が快適に過ごすことのできる空間や住環境をエクステリア心理カウンセラーで、この資格は、そうしたカウンセラーの仕事にもつながるスキルも習得します。 エクステリア心理カウンセラーとは違い、こちらはカウンセリングの能力よりもアドバイス、助言する能力を重視しています。空間がもたらす心理効果に関心のある方や、教えることが好きな方に人気を集めています。認定試験の申請後は自宅で受験することも可能となっており、効率的に資格取得を目指すことが可能なのも人気る裕の一つです。

3位 エクステリアプランナー

エクステリアプランナーは、公益社団法人 日本エクステリア建設業協会(JPEX)が主催の認定試験で、エクステリアに関する知識と技術を習得しており、より快適な住環境・生活環境を提案することのできるエクステリアのスペシャリストに与えられる資格です。現在、自治体では、まちづくり条例や景観条例などで緑化や景観整備、景観形成を進めており、エクステリアもまちなみや景観、まちづくりに関わるため、調和した外構工事や緑化が求められています。今後は、エクステリアプランナーのようなプランニング技術がますます必要とされてくることになるでしょう。エクステリアプランナーの資格は住宅のエクステリアだけでなく、同時に社会での活躍も期待できる資格となっています。資格については1級と2級があり、2級は住宅においてのエクステリアの知識を問われます。1級はそれに加えて、関連法規や施行計画、図面の書き方など、専門や工事に必要な内容や技術面も問われます。資格取得に当たっては、日本エクステリア建設業協会の資格試験に合格することで取得できます。エクステリアやまちなみなどに興味がある方や、外観分野で社会的に活躍したいと考えている人にオススメの資格です。
エクステリア心理カウンセラー  エクステリア心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です