カフェオーナースペシャリスト認定試験口コミ評判

珈琲

コーヒーを日常的に愛飲されるという方は非常に多いかと思います。
今はコンビニでも安価に美味しいコーヒーを購入することも可能ですし、またポーションを機械にセットして引き立てに近い風味の一杯を楽しむことも容易になりました。
しかし、当然ながら喫茶店で頂く淹れたての一杯に敵うものはそうそうありません。現在、コーヒー愛飲者の増加に伴いコーヒーを扱うお店の出店が相次いでいます。
カフェの出店はどうすればできるのか、コーヒーに詳しいだけでカフェの経営は可能なのか、カフェオーナースペシャリスト認定試験は将来カフェを出店する上で必要になる知識を学び実践する知識や技術を身につけることが目的の認定資格です。

カフェオーナースペシャリストの知識、技術

この資格で身につくのはコーヒーについての専門的な知識、技術、マーケティングの基礎知識やカフェオーナーの知識と、それを実務で活用できる技能です。
カフェを経営するにあたり、コーヒーについての知識や技術を持っている方が目指すことは多いと思います。しかし、マーケティングやオーナーの知識といったコーヒー自体には関係の無い分野の知識は薄いことが多く、コーヒーは好きだけど出店はできないという方も多いです。
カフェオーナースペシャリストの資格の特徴はそう言った出店、経営に関する知識も学べる点にあります。
コーヒーが好きで出店しても、マーケティングやカフェオーナーの知識が足りないとお客さんを継続して呼び込むのは難しいです。出店したのは良いが売り上げが上がらず閉店、といった事態に陥ることも考えられます。
カフェの出店ラッシュが続く昨今で生き残るには相応の知識と技術が必要です。
資格を取得するには経営を続ける為にコーヒー以外のメニューやレシピを考案する、サービス面や宣伝についてなどの知識も求められます。
資格を取得したからといってカフェの経営が必ずしも成功する訳ではありませんが、合格することで経営についての知識や自信にも繋がる資格といえます。

カフェオーナースペシャリスト認定試験の口コミ

これからカフェの開業を目指す方が受験されることが多いようです。
多角的なものの見方が身についた、カフェオープンに関する意識を深めることができた、闇雲に出店を目指していた時より具体的に考えられるようになった、自営業となる方法を学べた、などの口コミが多くあり、カフェの出店を目指す方にとっては非常に役に立つ資格のようです。
カフェの出店、経営を夢見る多くの人は経営するための具体的な知識はほとんどありません。
経営のための詳しい知識を得た、夢へ一歩進んだという口コミもあり、夢を叶える為の実践的な知識として好評のようです。
また、夢へ向かって頑張ろうと思えたという方もいます。
知識を身につけ、資格を取得することで自分に自信が付く事で更に努力しようと思われる事が多いようです。

カフェオーナースペシャリスト認定試験の概要

カフェオーナースペシャリスト認定試験は日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。
試験は在宅受験の形を採用しているので、忙しい方や北海道や沖縄などの遠方に在住する方にも受験しやすくなっています。
受験の申し込みは日本安全食料料理協会のホームページからできます。
申し込みをすると試験問題と回答用紙が郵送されてきますので、受け取る際に受験料の10000円を代引きの形で支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価を得れば合格となり、晴れてカフェオーナースペシャリストとして認定されます。
団体に別途で代金を支払い申請することで合格認定証や認定カードを発行してもらうこともできます。
また、通信講座の中には、卒業課題を提出することで卒業と同時に試験免除でカフェオーナースペシャリストコーヒーソムリエの2つの資格を取得できるものもあります。
カフェオーナー  カフェオーナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です