カラーアドバイザー認定試験口コミ評判

色彩資格

カラーアドバイザーとは名前の通り、色について人にアドバイスする人を言います。
色には様々な効果があり、色によって気分の変化や無意識に引き込まれることが多々あります。
例えば食欲の出る色として代表的な赤が挙げられます。赤は強いイメージを伴う色でもあるので、食べ物屋さんの看板などに使われる事も多いです。
焼肉屋さんやラーメン屋さんなどで赤い看板をよく見かける事もあるかと思います。
そう言った色の印象などの知識を身につけてアドバイスができる人をカラーアドバイザーといいます。

カラーアドバイザーの仕事、役割

カラーアドバイザーの資格は様々な仕事で活用できます。生活の中に色は日常的に溢れています。
企業としては色彩を活かしてより消費者に商品に興味を持ってもらい、購入して貰いたいと考えて商品を作ります。
商品を作成する、商品を展示する、消費者に勧める、どのジャンルの業界でも作成から購入して貰うまでの一連の流れはそう変わりません。
そしてその流れの中に色に関する知識は常に必要になり、カラーアドバイザーの知識はいつでも応用することができます。
資格を持った人が企業に従事する以外にも、そういった企業に色についてアドバイスや指導をすることもカラーアドバイザーの仕事です。
また、色がもたらす心理的効果を利用し、心理的要因をアドバイスすることもできるようになります。

カラーアドバイザー認定試験の口コミ

受験者は仕事に活かすために受験する方の他にも、毎日の生活の中に色を取り入れたいと考える方の受験も多いようです。
仕事はアパレルやインテリア、芸術に関わる業界に従事されている方が多くいます。
アパレル関係の仕事は色の組み合わせなどのセンスや知識を深めるため学習し、資格を取得されたようです。
デザインの幅が広がった、センスのある色の組み合わせができるようになったなど、仕事に大いに役立っています。
またインテリア関係の業界への就職を考える方は面接で資格について聞かれる機会が増えたなど、アピールに繋がっているようです。
仕事に活かすことは無くても、毎日の洋服、部屋のインテリア、友人への贈り物などのセンスが磨けたとの口コミもあり、私生活でも大いに役立っている事も人気の理由です。
日常で色を見ない日はありません。
それだけ色というものは身の回りに溢れており、日常から切っても切れない存在です。
そんな色に関する資格は今後も需要が減る事は無いと考えられ、仕事や私生活でも大いに活躍できる資格として人気があります。

カラーアドバイザー認定試験の概要

カラーアドバイザー認定試験は日本デザインプランナー協会が主催している認定資格です。
試験は在宅受験の形を採用しているため忙しい方や北海道や沖縄などの遠方に在住する方にも受験しやすくなっています。
受験の申し込みは日本デザインプランナー協会のホームページからできます。
申し込みをすると後日試験問題と解答用紙が郵送されてきますので、代引きの形で受験料の10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価を得ると合格となり、晴れてカラーアドバイザーとして認定されます。
団体に代金を支払い、申請することで合格認定証や認定カードなどを発行してもらえます。
また、通信講座の中には卒業と同時に試験免除でカラーアドバイザー色彩インストラクターカラーセラピーの3つの資格を取得できるものもあります。
カラーセラピー資格  カラーセラピー資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です