カラーセラピー認定試験口コミ評判

色彩資格

カラーセラピーとは色彩両方とも呼ばれており、色の色彩効果や心理効果を利用し、神経に直接刺激を与える事で人間本来が持っている治癒力を高めるという新しい療法です。
色彩効果を利用した療法は副作用もなく治療にあたれることからも様々な方面から注目されています。
カラーセラピーは治療に用いられるだけでなく、日々の生活をより良く過ごせる為のツールとしても人気があります。

カラーセラピーの役割

色が持つ生理的効果、心理的効果を利用し、心と体のバランスを正常に保ち、治癒力を向上させる事を目的としています。
病は気からという言葉もあるように、心の健康は体の健康にも大きく関わりがあります。
そこで色を利用し、視覚から神経を刺激することで心を元気に保つことで免疫力を高めたり痛みを取り除く効果が期待できます。
また、ストレスが多い現代社会で日常にカラーセラピーを取り入れることでストレスを和らげたり、モチベーションを上げる効果を期待でき、心身の活性化を促すことが可能です。
例えば赤の持つ効果は強いエネルギーがあります。主張の強い色で、信号やカラーコーンに使われており、危険を回避するために目につく色が採用されています。
情熱や興奮をイメージさせる色でもあり、血液や肉の色として命に結びつく色と解釈される事からも、人を元気にする効果を期待できます。
交感神経を刺激し、脈拍と体温を上げる効果があると考えられています。勝負服として無意識で赤を選ぶ方も少なくはありません。効果を理解していなくても本能で感じている方も多いようです。
また青は逆のイメージで抑制、沈静を促すなど、色には様々な効果があります。
そういった色の効果を理解し、また利用することがカラーセラピーの役割です。

カラーセラピー認定試験の口コミ

ストレスを色で緩和させようと受験される方も多く、自宅をより心安らげる空間にする、仕事の内容や営業先に合わせた色を選ぶ、など自分の生活に合わせて色を利用しています。
自宅はリビングは元気で力の出る交感神経を刺激するイメージの色を使った部屋に、寝室は副交感神経を刺激する落ち着いた色を使った部屋にするといった部屋作りに活用しています。
営業を成功させるために信頼される印象を持つ色の服装をするなどの利用をされている方もいます。
また、介護の仕事やメンタル系の仕事にも活用する方も多いようです。
高齢の患者さんの自己治癒力を期待するだけでなく、患者の家族を元気付けるのにも役立っているとの口コミもあります。
メンタル系の業界に就職、転職を希望する方にも好評のようです。
面接での自己アピールがスムーズにでき、面接官に印象を残すのに役立っています。
生活に色を取り入れるだけで効果を期待でき、なおかつ手軽に実践できることからも幅広い年層、業種の方々に人気の資格です。

カラーセラピー認定試験の概要

カラーセラピー認定試験は日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する認定試験です。取得後はセラピストとしての活動ができるようになります。自宅やカルチャースクールで講師として人にカラーセラピーを教えることが可能となります。
試験は在宅受験の形を採用しているので忙しい方や、北海道や沖縄などの遠方に在住する方にも受験しやすくなっています。
試験は日本アロマメディカル心理セラピー協会のホームページから受験申し込みができ、申し込みをすると後日試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
書類を受け取る際に代引きの形で受験料の10000円を支払います。期間内に回答し、解答用紙を郵送で提出します。
70%以上の評価を得ると合格となり、晴れてカラーセラピーとして認定されます。
団体に代金を支払い申請をすることで、合格認定証や認定カードなどを発行してもらう事もできます。
また、通信講座の中には卒業と同時に試験免除でカラーセラピーカラーアドバイザー色彩インストラクターの3つの資格を習得できるものもあります。
カラーセラピー資格  カラーセラピー資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です