キャンドルアドバイザー認定試験口コミ評判

キャンドル

まずキャンドルアドバイザーが何なのか分からない方も多いと思います。
以前はキャンドルインストラクターという名称で知られていました。名称が変わっただけなので内容は同じです。
キャンドルアドバイザーとは癒しとして使うキャンドルの使い方を教えたり、その人に合った種類のものを紹介したりする、キャンドルのプロのことを言います。
キャンドルアドバイザー認定試験とはプロになる為の認定試験ということになります。
趣味でキャンドルを作ったり集めたりしている方は取ってみても良い資格ではないでしょうか。
ビジネスに活かすことのできる資格です。

受験者の口コミ、評判

趣味をビジネスにできる点や、より知識を深めることができた、など資格取得で将来の選択肢が広がる資格です。
資格の口コミランキングなどにも度々登場し、大きな注目を浴びています。
試験では、ベーシックキャンドル、フローティングキャンドル、カップキャンドル、グラスキャンドル、モチーフキャンドル、アロマキャンドルなどの技術が問われ、合格基準は70%以上の評価をとらなければならないとされています。
取得できれば講師として仕事ができますので、カルチャースクールで講師として働く事も可能です。
自宅にアトリエ、教室を開くなど独立して活躍している方も居ます。

キャンドルアドバイザー認定試験を受験する

受験申し込みはインターネットからできます。受験スタイルも在宅受験の形を採用してますので、申し込みから採用まで自宅で済ませる事ができます。
受験料は税込み10000円です。
申し込みを済ませ、試験期間中に解答し返却用の封筒で解答用紙を送ります。
試験が全て自宅で完了するので、時間の取れない会社勤めの方や忙しい主婦の方にも受験しやすいのも魅力の一つです。
また、通信講座も充実してますので、興味があってこれから始めるという方でも環境に困りません。
その場合、試験対策のカリキュラムを受講することもできます。他にも講座を受け、講座終了時に試験を通さず資格を取得することができるものもあります。
自分に合った資格の取得方法を検討する事ができます。

ストレスフルな現代向けの資格

仕事や人間関係などのストレスを癒すのにキャンドルはぴったりです。
現代においてストレスとはどうしても付き合っていかなければなりません。
このストレス社会に癒しの資格は沢山の需要があります。供給に困ることのない資格です。
趣味を仕事に活かしつつ、誰かの癒しになれるキャンドルアドバイザー認定試験はまさに現代向けの資格と言えます。
キャンドルを扱うショップで働いている方はもちろんですが、これからキャンドルに携わりたいとお考えの方も資格を持っていれば役立てる機会は沢山あります。
独立し、個展や教室を開くこともできますので、活躍の場を広げていくことができます。
キャンドルの素材や作り方などを教えたり、その人に合ったキャンドルを紹介したり、キャンドルを必要としている人に発信できます。
インストラクターとしての活動ができますので、キャンドルに興味の無い人への発信もできます。
キャンドルの世界を広めると共に、より多くの人にキャンドルの魅力を伝えることができる資格です。
キャンドル資格  キャンドル資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です