キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

キャンドル

キャンドルに火を灯し、癒しとして楽しむ方は少なくありません。結婚披露宴でのキャンドルサービスも定番になっています。
アロマキャンドルやデザインキャンドルなど、多くの人がキャンドルから癒しと火のパワーをもらっています。
人は本能的に火から癒しや力を感じる生き物です。日々の生活にキャンドルを求める人は多く、人気のアイテムです。

キャンドルデザインマスターの仕事

キャンドルデザインマスターとは、癒しや空間の演出、雰囲気をキャンドルで演出し、その場に合ったキャンドルを制作するプロのことを言います。
形は様々で、円柱や球体、立方体などのベーシックキャンドルから、水に浮かべるフローティングキャンドル、プラスチックやアルミを利用したカップキャンドルなど多種多様にあります。
形や香りも沢山の種類があり、甘い香りのスイーツ型のキャンドルや、定番のハート型や、癒し効果の高いアロマキャンドルもあります。
その人その人に合ったキャンドルを提供するのも仕事のひとつです。
要望を聞き、クライアントのイメージに沿ったキャンドルを作成します。色やデザインなど創意工夫を凝らし、その人に合ったキャンドルを作成する技術が必要です。
また、インターネットを利用し仕事にする方もいます。

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミ

キャンドルが好きな方から絶大な人気を誇る資格です。
趣味でキャンドル制作を楽しむ方も多く、そういった方が受験されることが多いです。
インターネットの発達により個人で販売することが容易になり、独立、開業する準備としての利用や、副業としての人気もあります。
副業、在宅ワークとして人気が高い理由として単価の高さが挙げられます。小さなものでもプロが作るハンドメイド品ということもあり、400円から500円程で取引されています。
少し大きくなると平均2000円から3000円で取引されており、他の雑貨に比べると非常に単価が高いアイテムです。
また、趣味の延長で取得される方も多く、日々の癒しとして個人的に楽しむというのも多いです。
仕事から帰りストレス解消として利用したり、お風呂でのリラックス効果を倍増させる目的を持つこともあります。
家族や恋人、友人へプレゼントしても喜ばれています。
自分に一番合ったキャンドルは購入するより自分で作成した方が間違いないという口コミもあり、キャンドルの人気の高さが伺えます。

キャンドルデザインマスター認定試験の概要

試験は在宅受験の形が採用されており、忙しい方や北海道や沖縄などの遠方に住む方でも受験しやすいのも人気のひとつです。
受験する際は日本デザインプランナー協会のホームページから申し込みができます。
申し込みをすると試験問題と解答用紙が日本デザインプランナー協会より郵送で届きます。受け取る際に代引きの形で受験料10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送で提出します。
申し込みから合格まで自宅で完結するのも人気のひとつです。
70%以上の評価を得られれば合格となり、晴れてキャンドルデザインマスターと認定されます。
また、通信講座の中には受講して卒業すれば試験が免除になるものもあります。そういった講座にはキャンドルデザインマスターとキャンドルアドバイザーの資格を2つ同時に取得できるものもあります。
キャンドル資格  キャンドル資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です