クラフトハンドメイドマイスター認定試験口コミ評判

手芸クラフト

クラフトハンドメイドマイスターとは、装飾のための糸の選び方や使い方、布の染め方など、手芸に関する知識を持ち、また実践に活かすことのできる力を持った人のことです。
クラフトハンドメイドマイスター認定試験は日本デザインプランナー協会が開催している認定資格です。

クラフトハンドメイドマイスターとは

年齢に関係なく趣味でハンドメイドを楽しむ方は多いです。中には趣味で作った手作りのハンドメイド作品をインターネット上で販売される方も多くいます。
沢山あるハンドメイド商品から自分の作品を見てもらうには何か工夫しなくてはなりません。
同じ金額の同じモチーフの作品が出品されていたとして、片方は素人の作品、もう片方は知識と技術が認められている資格を持ったプロの作品なら、多くの人はプロの作品を購入します。
もちろん資格を持たない素人の作品であってもレベルの高いプロ顔負けの完成度のものも沢山あります。しかし、販売はインターネット上になると消費者は手に取って確認できません。その場合、少しでも信頼の高い出品者から購入されます。
資格があれば作品の完成度の信頼は高くなります。
資格が付加価値となるので、インターネット上でハンドメイド作品の出品を考えている方には利用効果の高い資格です。
また、インターネット上以外でもクラフトの多岐に渡る知識と技術を持っている証明は就職、転職も含めクラフト業界で大きく有利になります。

クラフトハンドメイドマイスター認定試験の口コミ

インターネットの発達が著しい昨今では、個人が作成するオリジナルの作品を販売するのが容易になりました。そのため、オークションやアプリケーションを利用してフリーランスとして活動される方が激増しています。
ハンドメイド品のみを扱うサイトも多くあり、個人がバイヤーとなりハンドメイド商品を出品、販売しています。
そういったサイトを運営する会社の株価も急上昇していることからも高い需要が伺えます。
また、ハンドメイド自体が注目されているジャンルになり、女子力を上げたいと受験される方もいるようです。
それだけ急成長を見せるハンドメイド業界ですが、人気がいきなり高まったこともあり、教えることのできる知識を持つ人が足りない状況にあります。
クラフトハンドメイドマイスターは講師として教えることができるようになるまでの資格でもあります。急成長しているハンドメイド業界では需要のある認定資格です。
副業としても人気があり、隙間時間で作業できるという点から主婦の方からも好評です。また、自宅で教室を開く方もいます。
趣味のハンドメイド作品をより高いレベルで作りたいという方も多くいます。受験するにあたり、自分の好きな手芸以外の勉強も必要になり、より知識が深まったとの口コミもあります。

クラフトハンドメイドマイスター認定試験の概要

クラフトマイスターは、クラフトハンドメイドマイスターに名称が変更されました。名称変更による試験範囲、合格基準に変更はありません。
クラフトハンドメイドマイスター認定試験は在宅受験の形を採用してますので、忙しく時間の取れない方や、北海道や沖縄などの遠方に住む方でも受験しやすくなってます。
インターネットから日本デザインプランナー協会のホームページから受験申し込みをします。
申し込みを済ますと後日、日本デザインプランナー協会より試験問題と解答用紙が郵送で届きます。
受け取りの際に、代引きの形で受験料の10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送します。
70%以上の評価で晴れて合格です。また、代金を支払い、申請すると合格認定証や認定カードなどが発行されます。
認定されればプロとしてクラフト作品の販売だけでなく、講師として活動することもできます。
ハンドメイド  ハンドメイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です