コーヒーソムリエ認定試験口コミ評判

珈琲

日々の生活の中にコーヒーが欠かせないという方は多いでしょう。コーヒー中毒という言葉が生まれるほど沢山の人が日常的に親しんでいるコーヒーですが、近年のコーヒーの消費の速さに業界も新たな店舗を開設、開業する企業も増えた事から、コーヒーに対する知識を深く持った人材が不足しています。
いたる場所に喫茶店やカフェをよく見かけることが多くなりました。急激に増えたことによりその分の人材が確保できない状態にあります。
また、知識を持つことで自分の好みに合ったコーヒーをお店で出せるようになるため、独立しオーナーとして活躍される方も沢山います。

コーヒーソムリエとは

コーヒーソムリエに認定されるには試験で合格しなくてはなりません。試験ではコーヒーの歴史、豆の種類や産地、生豆の選び方や豆同士の相性からコーヒーカップ、ラテアートに関する知識が問われます。
旧名はコーヒーアドバイザーという資格でしたが今はコーヒーソムリエに変更になりました。名称の変更による試験範囲、合格基準に変更はありません。
コーヒーは豆や淹れ方によって全く違う味わいになる不思議な飲み物です。手間隙をかけてじっくり抽出したコーヒーは美味しさが一味も二味も違って感じます。
同じ豆でも技術を持った人が淹れるものと何の知識も技術も無い人が淹れるものとは味わいが全く違うことからも、コーヒーの世界の深さが伺えます。
コーヒーソムリエはそんな深いコーヒーの世界を理解し、美味しいコーヒーを私たちに提供してくれます。

コーヒーソムリエ認定試験の口コミ

もっと美味しいコーヒーを淹れたくて勉強した、自宅で喫茶店のようなコーヒーが飲みたいと思った、など、自分の日常生活に取り入れるために資格取得を目指し学習する方も多いようです。
私たちの生活の中にはコーヒーを飲むシーンが多く溶け込んでいます。オフィスや仕事場にコーヒーサーバーが常備してある会社や、営業などで出向いた先、またはお客様にコーヒーを出す企業も多いでしょう。
コーヒーを商品にしていなくとも、沢山の人がコーヒーを飲むシーンに遭遇しています。それだけ生活の中に欠かせない存在として親しまれています。
そんな美味しいコーヒーに魅了され、自宅でも楽しみたい、自分の好みに合った味わいのコーヒーをもっと知りたいと試験に挑戦しています。
また、コーヒーを扱う企業に従事している、自分でカフェを経営したい、という方も受験しているようです。
試験を通しお客様に提供するコーヒーの質が良くなった、資格を取得することで自信に繋がった、接客中に知識が活かせる、話題の種になる、といった口コミもあり、実践にも生かしているとのことです。

コーヒーソムリエ認定試験の概要

コーヒーソムリエ認定試験は日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。
試験は在宅受験の形を採用しているので忙しい方や北海道や沖縄などの遠方に在住される方にも受験しやすくなっています。
受験の申し込みは日本安全食料料理協会のホームページからでき、申し込むと試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
書類を受け取る際に代引きの形で受験料の10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価を得ると合格となり、晴れてコーヒーソムリエとして認定されます。
また、通信講座の中には卒業課題を提出する事で卒業と同時に試験免除でコーヒーソムリエカフェオーナースペシャリストの2つの資格を取得できるものもあります。
カフェオーナー  カフェオーナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です