スーパーフードアドバイザー口コミ評判

食生活が乱れがちな現代において、スーパーフードへの関心が高まっています。
スーパーフードとは、「栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。
あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること」
そして、 「一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ」というように定義されています。
健康ブームの現代社会においては、スーパーフードに興味はあるものの具体的にどのような食材がスーパーフードになるのかを多くの人は知識を持っていません。
こうした、スーパーフードに対しての疑問点を解消するために認定されている資格がスーパーフードアドバイザーなのです。
スーパーフードアドバイザーはスーパーフードが具体的にはどのような食品や種類があるのか把握し、それぞれの食品がどのような健康効果や美容効果があるのかを理解された方に認定される資格です。
家族に健康で栄養価のある食品を食べさせてあげたいけどもスーパーフードにどの食材を選んでいいかわからないと悩んでいる人にさまざまなアドバイスをすることができるようになります。
スーパーフードアドバイザーは日本安全食料料理協会が実施する認定試験に合格することができたスーパーフードに関してのプロフェショナルです。
これからますます期待されているスーパーフードアドバイザーの口コミ評判をご紹介します。

スーパーフードアドバイザーとは

スーパーフードアドバイザーとは、数あるスーパーフードの種類や栄養素を具体的に把握していて食に対してのアドバイスをすることを活躍の場としています。
食生活が乱れていて栄養が崩れてしまっている人が多いため、スーパーフードアドバイザーによるアドバイスは非常に価値があるといえます。
スーパーフードの発祥はアメリカと言われており、21世紀に入ってからの概念であることからまだまだ日本ではスーパーフードを適切にアドバイスできる人が少ないというのが現状です。
スーパーフードは日常の食生活に取り入れることで、毎日栄養価の高い食生活を送ることができるようになり、多くの人に喜ばれることが期待できる資格といえます。

スーパーフードアドバイザー口コミ評判

「スーパーフードの栄養価や種類を知ることができたので買い物に行くときにできるだけスーパーフードを選ぶことができるようになった。家族に栄養価の高い食べ物を食べてもらうことができているので病院に行く機会が減っているように思う」
「食の話になるとスーパーフードに関してのアドバイスをすることができるので、周りの人から喜んでもらえるようになった。知らず知らずのうちに栄養価の低いものばかりを好んで食べている人の食生活を改善できるアドバイスができて勉強する価値があると思う」
「毎日食べている物が自分たちの身体を作っている物なので毎日の食生活を改善することが自分たちの身体を健康に保つことができる一つの手段だと思う。スーパーフードを勉強することでより健康に対しての意識が高まったように思う」
など日常生活に役立つ意見が寄せられています。

スーパーフードアドバイザーになる方法

スーパーフードアドバイザーになるには、日本安全食料料理協会が実施する認定試験に合格することが必要です。
日本安全食料料理協会のホームページから試験の申込をして、合格することができて晴れてスーパーフードアドバイザーを名乗ることができるようになります。
受験方法は在宅受験で、合格基準は70%以上の評価を得ることです。
毎年定期的に試験が行われているので、忙しい主婦の方でも自分のペースで勉強することができ、仮に不合格であったとしても何度でも再チャレンジすることができます。
毎日の買い物をしながら勉強することができるので、勉強を始めたその日から効果を実感することができる資格です。
認定試験に合格することができると、スーパーフードアドバイザーとしてたくさんの人の食生活のアドバイスができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です