ファッションデザイン・デザイナー資格ランキング

ファッションデザイナー

服が好き!自分のセンスを活かしたい!そんな人におすすめなのが、デザインやカラー関連の資格です。人に合う色、合うデザインを指摘できれば、仕事の幅も広がり、あなたの信頼度もぐんとアップしますよ。ファッションデザイン・デザイナー資格をランキングでご紹介します。

1位  ファッションデザイナー

ファッションデザイナー認定試験は、日本デザインプランナー協会が主催しています。ファッションの名称や形はもちろん、その機能やデザイン等の知識を持った人が認定されます。受験資格はなく、2ヶ月に1度試験が開催されているので、すぐに目指すことができます。また、在宅での受験が可能です。
服の基本である、各種衣類・部位の種類や特徴、デザインの基礎知識などが必要となります。また、自分のセンスを活かしたコーディネートを、シルエットや○○・ラインなどと、形に例えて表すことも学習します。ファッションは自分で楽しむのはもちろん、他者とのコミュニケーションの手段でもあるからです。いくら自分がオシャレでも、そのセンスをうまく人に伝えられなければ、仕事としてはなりたちません。年代別の流行やその時代背景、
季節別によく使用される素材や柄についても、学習しなければいけません。
資格取得後はファッション関連の仕事はもちろん、デザイン関連でも活躍できます。
幅広い知識が必要となるので、まずは通信教育から始めるのがよいかもしれませんね。

2位  服飾インストラクター

服飾インストラクターとは、日本インストラクター協会が認定している資格です。色使いや着こなし方、デザインなどの服飾に関して一定レベルの知識を有した人が認定されます。服は、身につける人の個性など、内面そのものを表します。おかしなものを身につければ、あまり良い印象を与えません。きちんとした知識をつけたうえで、コーディネートすれば、印象を思いのままに帰られます。また服は、コミュニケーションをとるための方法でもあり、同じ服好きの仲間ができたり、コーディネートを通して相手といろいろな会話をすることができます。
資格取得後は、自分自身のために役立てるだけでなく、ファッションにはどのような役割、歴史があるのかなど、講師活動を通して多くの人に伝えることもできます

3位  カラーコーディネーター検定

カラーコーディネーター検定は東京商工会議所が主催している、実践的な色彩の知識を学ぶことができる検定試験です。3級、2級、1級とわかれています。試験は年に2度(1級は年に1度)で、受験資格もありません。1級、2級からの受験や、1・2級、2・3級の併願受験もできます。
色の性質・特性など、色彩の知識を身につけることで、色の持つ効果をビジネスシーンに活かすことができます。

4位  パーソナルカラー検定

パーソナルカラー検定は、NPO日本パーソナルカラー協会が主催です。パーソナルカラーとは、色彩学に基づいた色の属性による効果としての理論です。この検定では、実務上必要な色の見分けに重点を置いています。
試験は、モジュール1(初級)、モジュール2(中級)、モジュール3(上級)の3段階で実施されます。モジュール1に受験資格はありませんが、開催地が札幌・仙台・東京・静岡・名古屋・大阪・広島・福岡に限られます。色彩理論の基礎や、パーソナルカラーの知識、カラーコーディネート方法などが試されます。

5位  ファッションビジネス能力検定試験

日本ファッション教育振興協会が主催しているのが、ファッションビジネス能力検定試験です。試験の難易度から3級、2級、1級とわかれています。どの級にも受験資格はなく、いきなり1級を受けることも可能です。試験は協会が設定する試験会場や教育機関で、全国一斉で行われます。2・3級は、ファッションビジネス知識とファッション造形知識で構成されています。
1級は、難易度がかなり上がり、ファッションビジネスに関する専門教育を2年以上履修し、アパレル企業で実務経験を5~6年程度積んだレベルが必要です。最近のファッションの流れや事象なども知識として重要になってきます。

6位  色彩検定

色彩検定協会が主催しているのが色彩検定。文部科学省が後援しています。色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。この検定によって、その人の色彩活用能力が照明されます。難易度で、3級・2級・1級とわかれています。一番下の3級では、色の分類や心理的効果、色彩の調和、インテリアからファッションまで非常に幅広い知識が問われます。学生に人気の資格ですが、最近はファッション、インテリア等のデザイナーから、企業の販売、企画といった社会人も増えてきたようです。

まとめ

服は人を映す鏡です。自分を磨き、人を輝かせることができます。服を通じて、人生を豊かにできるファッション・カラー関連の資格は、センスに自信のある人ならぜひ目指してみたいものですね。
ファッション  スタイリスト資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です