スパイス・調味料資格ランキング

スパイス調味料

普段の料理でスパイスを使いこなしていますか?カレーなどに代表されるスパイス料理。美味しいだけではなく、健康増進の役割もにないます。日本でもさまざまなスパイスが手に入るようになり、それにともなってスパイスに関する資格も人気が出てきています。

1位  スパイス香辛料アドバイザー

日本安全食料料理協会が主催する、スパイスに関する資格です。スパイスに関する歴史や、スパイスの種類を理解してるうえに、スパイスを有効的に活用できる人が認定されます。こちらの資格を取得すれば、レストランや飲食業界で活躍することができます。
この資格を取るためには、コリアンダー、シナモン、ターメリック、ナツメグなどの基本的なスパイスの知識だけではなく、ハーブの知識を同時に学ぶ必要があります。また、スパイスの賞味期限や保存方法、煮込み料理の時の注意点なども知識として身につきますので、香辛料を扱う職業全般だけでなく、身近な家庭料理にも役立ちます。
スパイス香辛料アドバイザーの試験は2ヶ月に1回の頻度で行なわれているので、忙しい人も気軽に挑戦できますね。

2位  スパイスインストラクター

スパイスインストラクターは、日本インストラクター協会の主催する資格です。
スパイスの種類や効果を理解し、スパイスを適切に使用できる知識を持つ人が認定されます。資格取得後はスパイスインストラクターとして講師活動ができるようになります。
スパイスインストラクターの資格も2ヶ月に1回、試験が行なわれています。在宅で受験可能なので、社会人でも挑戦できますね。こちらの資格もスパイスの幅広い知識と効用、またハーブの効能まで学ぶことができます。料理好きの人はぜひとも狙っていきたい資格といえるでしょう。

3位  スパイスコーディネーター

スパイスコーディネーターは、スパイスコーディネーター協会(SCA)が認定する資格です。こちらの資格は、スパイスに関する知識を深く専門的にしたい人におすすめです。スパイスを系統だって勉強したい人、スパイスを活用した商品開発をしたい人などが多く取得しています。スパイス会社につとめて、プロフェッショナルになる道もあります。
こちらの主催はスパイスのサロンカフェなどを定期的に開催していて、スパイス好きの人たちの交流の場となっています。またさまざまなイベントが開かれているので、ただ資格だけではなく、その他の交流も欲しい人には良いでしょう。

4位  スパイス&ハーブ検定

公益財団法人山崎香辛料振興財団が主催するスパイスとハーブに関する資格です。こちらの試験ではスパイスやハーブの使い方、スパイスの楽しいエピソード、豆知識など幅広いものが取り上げられます。スパイスの魅力を知って、楽しく毎日の生活に取り入れたい人におすすめです。
ただし、1年に1度、秋のみの試験実施になりますので、今すぐ資格取得を目指す人はその時期を待つ必要があります。

5位  カレーマイスター

スパイス料理の王道、カレー。カレーマイスターはそのカレーに特化した資格です。日本野菜ソムリエ協会が主催しています。
みんなが大好きなカレーの奥深さを知り、よりスパイスやカレーに対する愛情を深めることができます。カレーの種類や歴史、製法、スパイスの使い方などをさまざまな角度から知識として身につけて、カレーという食文化を通して食生活の豊かさを目指します。
スパイス全般の知識となると難しいですが、カレー好きにはおすすめです。

まとめ

美味しい料理を作るだけでなく、毎日の生活を刺激的で健康的なものにしてくれるスパイス。ぜひ知識を身につけて、使いこなしたいものですね。資格取得には通信講座がおすすめです。スパイス名人になって、家族や友達を驚かせてみてください。
スパイス資格  スパイス資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です