ファッションデザイナー認定試験口コミ評判

ファッションデザイナー

ファッション業界の花形的存在のファッションデザイナー。ファッションデザイナーの役割は服やバッグ、靴などのデザインをします。
ただデザインをするといってもブランドやコンセプトにあったデザインをする必要があり、素材の質感や縫製などを考慮した知識と技術が求められます。
最近ではオシャレが好きといった流行に敏感な方も受験されることもあります。

ファッションデザイナー認定試験の口コミ

アパレル関係の業界に就職、転職する方には面接の際にアピールできることから人気です。
就職が決まってからも試験を通したファッションに関する知識は役に立ちます。
デザイナーの仕事以外にも販売員として生地の素材や、デザインの特徴などを消費者に詳しく説明できる知識が身につきます。
そのことから販売員としても役に立つ、需要のある資格です。
ファッションは流行の移り変わりが非常に速い業界です。その中で常に流行に目を光らせる必要があり、服が好きという気持ちを持ち続けることが非常に重要になります。
資格を取得した方もまだまだ勉強を続け、最新のファッションに関する知識を深めたいと感じる方が多いようです。
流行によってデザインは移り変わりますが、生地の素材や服のベースラインなどの基本を学べるので知識の幅が広がります。
基本が分からなければ最新のファッションも理解できないとの口コミもあります。

ファッションデザイナーの仕事、役割

ファッションデザイナーとして成功し、有名になれば自分でブランドを立ち上げ、コンセプトから作り上げることも可能です。
そこまでの活躍ができる人は限られていますが、努力やセンスで可能性のある夢です。
ファッションデザイナーの多くは企業に従事し、そのブランドに沿った各種アイテムのデザインをしたり、販売する方が多いです。
また、テレビや映画などの出演者の衣装を制作したりもします。
自分のブランドを立ち上げるのも、企業のブランドを制作、販売するのもどちらにしても顧客のニーズを知る必要があります。
顧客の好みやニーズを理解し、展開していくセンスが問われる難しい業界ですが、その難しさもファッション業界の魅力です。
ファッションデザイナーの仕事は服のデザインの他にも場合によっては靴やアクセサリーのデザインもすることがあります。独立することを考えている方には特に必要になる知識です。

ファッションデザイナー認定試験の概要

試験は在宅受験の形が採用されているので忙しい方や北海道や沖縄などの遠方に住む方にも受験しやすくなっています。
試験は日本デザインプランナー協会のホームページから受験申し込みできます。
申し込みをすると後日、日本デザインプランナー協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。受け取る際に代引きの形で受験料の10000円を支払います。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価を得られれば合格となり、晴れてファッションデザイナーとして認定されます。
代金を支払い申請することで合格認定証や認定カードなどが発行されます。
また、通信講座を受講し、卒業することで受験料が割引になる講座や、卒業することで試験が免除になりファッションデザイナー服飾インストラクターの2つの資格が取得できるものもあります。
ファッション  スタイリスト資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です