フレンチ資格人気ランキング

フレンチ料理は、フランス文化の歴史と知恵が詰まった料理です。
格式高いイメージで、大事な人をおもてなしするときに使われるというイメージを持っておられる方も多いと思います。
しかし、最近は「ビストロ」と呼ばれる、ややカジュアルなスタイルでフランス料理を楽しめるお店も流行っています。
このように幅広く愛されているフレンチ料理について、豊かな食生活を送るため、あるいはお仕事に役立てるために、一度フレンチの資格でしっかり学んでみてはいかがでしょうか。
フレンチ資格の人気ランキングで上位の3つをご紹介いたします!

1位 フレンチソムリエ

フレンチソムリエは、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定の資格です。

フランス料理の調理に関する幅広い知識を習得することができます。
資格試験で問われるのは、フランス料理の調理技法や基礎知識、食材、レシピに関する知識です。

フランス料理の調理技法で炒める・焼く・茹でる・蒸す・煮る・取り除く・裏ごし・仕上げに関する知識を知ることができます。
また、フランス料理の調理器具の名称や使い方、フランスの食器の種類などを学習できます。
もちろん料理についても総合的に学べます。野菜料理・スープやポタージュ・肉料理・魚料理・デザートについて、それぞれの名称や特徴を知ることができます。

さらに細かく、ソースとスープのベースについての知識や、ソースの種類について学習できます。
フランス料理はスープのベースをフォンといいます。ソースとフォンはフランス料理の基本ですが、何十種類もあり、これらの知識はフレンチソムリエとなるには欠かせませんね。

また、フランス料理に使う野菜・魚介類・肉類・調味料や香辛料・酒類などの食材の知識、フランス料理に使う季節ごとの食材の知識についても学習することができます。

資格取得後は、フレンチソムリエとして講師などの活動ができます。

2位 フランス料理インストラクター

フランス料理インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定している資格です。

フランス料理について、料理のみならず、フランス料理を通したフランスの文化的な理解を試される資格です。
全体的には、フランス料理の歴史や郷土料理、お酒、料理のマナーに関する知識を学ぶことができます。
例えば、時代ごとのフランス料理の変遷について学べます。
地理的な違いとしては、フランス料理とイタリア料理の関係性と違い、フランス北東部「アルザス」・東部「ブルゴーニュ」・南西部「バスク」・北西部「ブルターニュ」のなど、地域ごとの郷土料理とお酒の種類や特徴について知ることができます。
また、フランス文化の代名詞的なワインやチーズについて、それぞれの特徴や種類、食べ方を学べます。

フレンチレストランは敷居が高く感じられがちですが、この資格を通して、フランス料理のコースの順番と名称、入店と退店のマナーなど、フランス料理に関するマナーもしっかりと学ぶことができます。
入店から始まって、退店するまでのマナーを知っておくと、落ち着いてフレンチレストランを楽しむことができるようになりますね。

資格取得後は、フランス料理インストラクターとして講師などの活動ができます。

3位 フレンチ薬膳ビューティーアドバイザー

フレンチ薬膳ビューティーアドバイザーは、ヒューマンアカデミーオンラインの講座を修了することで取得できる資格です。
国際薬膳調理師の人気料理教室を自宅で学ぶことができます。

この講座は「女性の体の悩み」のテーマで代表的な、アンチエイジング、便秘、ダイエットの3つのテーマにフォーカスしています。
フレンチ風にアレンジしたコース仕立ての薬膳料理の作り方と、それらの料理を通した悩みの解決方法を教わることができます。
薬膳の知識は中医学をベースにしていますが、難解なイメージを払拭した、おしゃれな薬膳料理を楽しみながら身に着けることが来ます。

料理の作り方は動画で学べます。フレンチの盛り付け方法についても参考になるような、楽しい動画となっています。
単に決まったレシピを学ぶのではなく、食材や味つけを変えて何パターンにもアレンジできる方法も紹介されています。
料理を通して血めぐりをよくして、体質を改善するこの資格、トライしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です