ベランダ菜園資格人気ランキング

家庭菜園

ベランダ菜園は近年人気を高めており、都市に住まわれていらっしゃる方も、ベランダに緑が欲しいなどの理由もあり、始められる方が増加してきました。ただし、野菜を育てたいけど、マンションで場所がないという理由や、土地がなくてできないと思っている人が多いのも事実です。そんな中で、育てるだけというのであれば、ある程度の人が挑戦し、成功できますが、せっかくであればおいしいものが食べたいと思います。そのためにはどんな環境がいいのかとこだわりを持つ人が増えてきて、ベランダ菜園に関する資格についても人気が急上昇しています。今回は、ベランダ菜園について人気の資格ランキングについて紹介したいと思います。

1位 ベランダ菜園アドバイザー

ベランダ菜園アドバイザーは、日本生活環境支援協会(JLESA)が認定を受け持つアドバイザー資格です。ベランダ菜園での植物や野菜についての基本的な育て方や知識・技術を習得し、しっかり管理できるかどうかが問われる資格となっています。ベランダ菜園のノウハウを総合的に理解し、技術的にも優れた人へ認定される資格となっています。受験方法に関しては、日本生活環境支援協会が実施する試験で7割以上の評価をいただく必要があります。一見難しいようにも感じますが、受験資格は特になく、在宅での受験も可能となっており、気軽に受験することができます。特に、時間の確保が難しい主婦など、家にいることが多い人にはオススメの資格になっています。趣味としてでも楽しむことができることも人気の一つです。また、取得後は、アドバイザーとして格子活動ができるところも人気の理由になっています。

2位 家庭菜園インストラクター

家庭菜園インストラクターは家庭菜園の技術に特化した資格で、日本インストラクター協会(JIA)が主催の認定資格となっています。この資格は、植物や野菜の種類を完璧に理解し、最適な育て方や環境についての知識を習得しており、土や水、雑草や害虫など幅広くベランダ菜園の基礎知識を身につけている人に認定される資格となっています。資格取得後は、家庭菜園のプロフェッショナルとして自らが植物や野菜を作りながら指導・アドバイスをすることが出来ます。趣味としてだけでなく副業や起業等をお考えの方にも人気が高まっています。

3位 美味安全・野菜栽培士

美味安全・野菜栽培士は、日本園芸協会(JCS)主催の認定資格となっており、無農薬や有機栽培野菜の評価人気をはじめとして、家庭の庭や畑、ベランダで野菜栽培を始めたい人に人気の資格です。受験については、受講の必要があります。野菜の基礎知識を始めとして、栽培方法や野菜づくり全般の技術を身に付けるひつようがあります。気軽に受験したいと考えていらっしゃる方には、少しハードルの高い試験となるかもしれません。

4位 家庭菜園検定

家庭菜園検定は、社団法人家の光協会が実施している検定試験です。試験の内容としては、野菜の科名や原産地をはじめとして、栽培特性など野菜の基本的な知識を学び、野菜の栽培方法、土壌や肥料などの知識を問う筆記試験となっています。受験内容については、階級も3級から1級に別れており、自分の力に合わせて級を上げていくことが可能です。年齢層は10代から60代まで幅広く、合格率も高いので受けやすいと思います。
ベランダ菜園資格  ベランダ菜園資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です