ペン字・手紙資格人気ランキング

手紙の書き方

文字を書く、手紙を書くという文化が薄れてきている一方、その文化はとても重要なものだという認識も高まってきています。現在は、携帯電話やスマートフォンが人との連絡手段に主として使われるようになってきています。また、メールやSNS等の機能の発達により人と連絡をとれるようになりました。しかし、お礼のお手紙や年賀状、招待状など、心を込めた手書きの文字で送られた手紙やはがきは、受け取ると誰でも嬉しいものです。いくら文字を書く機会が減ったと言っても、ビジネスや冠婚葬祭などで、手紙や文字を書く場面は必ず出て来るものです。そんな場面で文字が汚い、雑、手紙の書き方の作法を知らないと恥をかくことになります。大人なら身に着けたい基礎知識としてペン字・手紙の資格を取得してみませんか?近年この分野での資格は人気が急上昇しています。今回は、そんな文字に関係のある資格を、人気ランキングという形で紹介していきたいと思います。

1位 レターライティングマスター

レターライティングマスターは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催の認定試験で、日本語の正しい言葉遣いや季語、敬語などの持つ意味や効果を理解したうえで、手紙を書く際に正しい日本語を書くことができると認められた人に与えられる資格です。この資格は、手紙を書くことに特化したプロ資格であり、正しい日本語を使用できることが基本となっています。日本語本来の美しさや知識について理解したいという方や、学んでみたい方に人気を集めています。この資格を取得している人は、文字を書くだけでなく敬語や美しい言葉使いも習得することができるので、若い方にも特におすすめの資格です。

2位 手紙・文章ライター

手紙・文章ライターは日本インストラクター協会(JIA)の認定試験で、文章構成から手紙を書くときに必要な知識を習得しており、レベルの高い文章を書くことができる人と認められた人に与えられる資格です。人に伝わる文章が書けるということは、人とのつながりが薄くなったこの時代に、手紙というツールを用いて、気持ちを相手に真摯に伝えることができます。資格取得後は、学んだ知識を生かして、気持ちの伝わる文章が書け、心のこもった挨拶の手紙も書けるなど、日常生活でも役に立つことが多く、一般の方にも人気を集めています。

3位 硬筆書写検定(ペン字検定)

硬筆書写検定(ペン字検定)は、一般財団法人 日本書写技能検定協会が主催の認定試験で、万年筆やボールペンなどを使いて、美しい文字を書く技術を持っていると認められる人に与えられる資格となっています。履歴書や手書きの文書などを基に、文字の美しさやきれいさなどで人柄を判断される場合があります。文字だけで判断するのはどうなのかとも思いますが、目に見えない相手とのやり取りするときの判断材料は、字や文章しかないのです。おおげさだと思われるかもしれませんが、文字の美しさというものがそれだけ人生にかかせない重要なものになっているのです。この試験は、年に3回行われます。また、検定は5級から1級までに分かれており、小学生から参加できます。制限はないため、気軽に受験できることも人気の理由の一つです。しかし、3級以上の合格率はさほど高くありません。それなりの練習が必要となるでしょう。
手紙の書き方  手紙の書き方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です