メディカルハーブカウンセラー認定試験口コミ評判

ハーブ

メディカルハーブとは、病気の予防や体質改善などの健康を維持する効果が期待される薬用のハーブの事を指します。
例えば、ミントやラベンダー、ローズマリーなどは聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
これらのハーブの効果を利用したハーブティーや癒し効果を期待したグッズなどを利用して癒された経験は一度はあるかと思われます。

メディカルハーブカウンセラーとは

様々な効果を持つハーブを深く理解し、人々の体調や悩みに合った効果を持つハーブを提案できる人をメディカルハーブカウンセラーと言います。
医薬品としても承認されたハーブですが、日常的に効果を利用することで毎日の生活をより良く快適に過ごす事ができます。
例えばリラックス効果を持つカモミール、ラベンダーは眠りを促進させたり、頭痛を和らげる効果が期待できます。
消炎作用を持つミントや、咳を鎮めるユーカリなどハーブには様々な種類と効果があります。
ハーブによって発汗、利尿作用があるものや脂肪やアルコールの代謝を促すもの、むくみや便秘に改善に効果を期待できるものなどデトックス効果を期待できるものもあります。ダイエット効果や美容効果など女性には嬉しい効果が盛り沢山ですね。
ハーブの利用方法はハーブティー、料理など食に関する利用法や、コスメにしたりポプリなどの香り袋、またはお風呂に入れたりと様々な楽しみ方、利用方法があります。
ハーブ療法が注目されている理由として、体への負担が少ない事が挙げられます。
メディカルカウンセラーはそんな様々なハーブの効能や種類、使い方を熟知し、それを用いたカウンセリングを行います。

メディカルハーブカウンセラー認定試験の口コミ

ハーブティーが好きでもっと詳しく知りたくなった、ダイエットや美容に興味を持ちハーブに行き着いた、など趣味の延長で資格を取得する方の口コミも多くみられました。
趣味から資格を取得された方は日常的に今の自分の体調や気分に合わせたハーブを選ぶ事ができるようになったなど、日常生活をより快適に過ごす為に役立っているようです。
ハーブ専門店やアロマショップ、エステサロンなどの仕事にも役立てている方も多くいます。
そういった業界に就職、転職を考えている方からも人気があり、面接の際に有利に働いたとの口コミも見受けられました。
また自分でサロンやショップを立ち上げたり、カルチャースクールなどで講師として指導を行う道を選択する方も多くいます。
メディカルハーブカウンセラーと似た資格としてハーブライフインストラクターという資格があり、その資格を勉強する過程として取得する方も多いようです。

メディカルハーブカウンセラー認定試験の概要

メディカルハーブカウンセラーは日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する認定資格です。
受験資格は無く、知識を持つ人なら誰でも受験することができます。
受験の申し込みは日本アロマメディカル心理セラピー協会のホームページからアクセスできます。
申し込みをすると試験問題、解答用紙が郵送されてきますので、受け取る際に受験料の10000円を代引きの形で支払いをします。
期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価で合格となり、晴れてメディカルハーブカウンセラーとして認定されます。
申し込みから合格まで全て自宅で完結する在宅受験の形が採用されているので忙しい方や遠方に在住される方も受験しやすいのも嬉しいですね。
また、通信講座の中には卒業課題を提出することで卒業と同時に試験免除でメディカルハーブカウンセラーハーブライフインストラクターの2つの資格が取得できるものもあります。
独学や通信講座など自分に合った勉強方法を調べてしっかり準備し試験に臨みましょう。
ハーブ資格  ハーブ資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です