メンタル心理インストラクター認定試験口コミ評判

心理カウンセラー

ストレス過多な現代においてメンタル面に大きな負担を抱え精神的に参ってしまうという人は増えています。
昔に比べると精神的なダメージを受けた人に対する理解は増えましたが、まだ全体的に乏しい状況にあり、精神的に病んでしまった人を心無い言葉で更に追い詰めてしまうということも多くあります。
心無い言葉といっても本人には自覚はなく、病気でもないのになぜ働かないのか、といったその人が怠けていると勘違いしているだけのケースもあり、ストレスを起因とする精神的な病状の理解が乏しいことが原因として考えられます。
ついには働けなくなるといった人も増え、政府もストレスチェック義務化法を施行しました。これは個人として必要としていたメンタルヘルスが国家レベルで必要になったというかとであり、今後の大きな課題といえます。

メンタルヘルスケアの需要の増加

精神的な病の全てが仕事によってのストレスが原因とまではいえませんが、長時間の労働の増加や強いプレッシャーを与えるシーンが増えたことによるストレスは無視できるものではなく、以前に比べて国家レベルで対策を必要とするまでになっています。
皆さんはストレスの発散といえば何を思い浮かべるでしょうか。また、それを行う時間の確保はできているでしょうか。
周囲にも時間に追われストレスを解消する暇もなく、仕事や家事に追い込まれているという人を見かけることも増えたかと思います。
50人以上の従業員を抱える企業はストレスチェックが義務化されており、従業員の心も守らねばなりません。
しかし、メンタルヘルスケアを行える人材は不足しており、ケアしきれない、理解を得られないという企業も多々存在します。
精神的なケアは早期に行う事が望ましいのですが、忙しく時間が無いといった理由から後回しにされてしまいがちです。
その結果、ケアを怠ってしまい最終的には働けなくなってしまうといったケースが多くなっています。

メンタル心理インストラクター認定試験の口コミ

この資格は不足している心理学に熟知する人材を育成するインストラクターの資格となっていますので、様々な活用が期待できるため非常に評価が高くなっています。
試験はカウンセリング能力や倫理面の把握、インテーク面接手法などのカウンセリングに関する出題や医療面に関する知識も問われる内容になっており、数多くの知識が必要になります。
その為、資格を取得した人の知識は需要が高く、各種団体から大きな注目を集めています。
実際に取得された方は精神的に参ってしまった人を見て役に立ちたい、悩んでいる人の力になりたいといった理由から受験される方も多く、カウンセラーとして働きながらも講師としても活躍しているという方もいます。
一人のカウンセラーの力でも救われる人はいますが、メンタルヘルスケアを必要とする人は多く、人材を増やすことで更に効率的に沢山の人を救う手助けができるようになります。
口コミからはそういった面も注目される理由として挙げる意見も安定して一定数ありることが印象的でした。

メンタル心理インストラクター認定試験の概要

メンタル心理インストラクターは日本インストラクター協会が主催する認定資格です。
試験は在宅受験の形式が採用されており、申し込み、受験料の支払い、回答、結果まで全てが自宅で完結するので、忙しい方や遠方に在住される方にも挑戦しやすいと高評価を得ています。
受験料は10000円です。
合格ラインは70%以上の評価となっていますので、しっかり勉強してから試験に臨むと良いでしょう。
また、通信講座の中には卒業課題を提出する事によって卒業と同時に試験免除でメンタル心理インストラクターメンタル心理ヘルスカウンセラーの2つの資格を取得できるものもあります。
カウンセラー  カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です