ワインを知ってさらに美味しく♪ワイン資格ランキング

ソムリエ資格

ワインといえばソムリエですが、今は民間でもいろいろな資格があるのを知っていますか?ワイン好きならば、その知識を深めておいて損はないはずです。今回は人気のワイン資格をランキングにしてまとめてみました。

1位  ワインコンシェルジュ

日本安全食料料理協会が認定する資格です。ワインに対する基本的な情報をマスターした人が認定されます。
この資格があれば、お酒の販売業、流通業、飲食業界など、いろいろな分野で活躍できます。また、ワイン好きの人は全国とても多いので、自宅やカルチャースクールなどの講師活動の需要も見込めます。
必要な知識は、ワインの歴史や産地、ブドウの品種、ワインの格付け、サーブの仕方やワインと合う料理などです。
受験資格はとくになく、在宅で受験可能なのが人気の理由です。

2位  ソムリエインストラクター

日本インストラクター協会が認定する資格です。さまざまな種類があるワインを、料理に合わせお客様に提供するのがソムリエインストラクターです。
このソムリエインストラクターの取得には、幅広い知識と、ワインの識別能力が要求されます。ワインの種類だけではなく、仕入れ、保管、管理などの知識も必要です。
こちらの資格は、コミュニケーションにも重きをおいているので、飲食業界で働きたい人や、ライフスタイルを向上させたい方におすすめです。
資格取得後は自宅で楽しむだけではなく、講師活動等でさらに人間関係を広げることができます。こちらも在宅で受験できるので、忙しい人に人気があります。

3位  ワインアドバイザー

日本ソムリエ協会が認定する資格です。こちらは受験資格があり、ワイン・酒類・飲料の仕入れ、管理、輸出入、流通、販売などに従事している人のみとなっています。しかし、2016年度以降は呼称が変わり、現在はソムリエシニアソムリエというものに代わっています。ソムリエの役割は、飲食店などで、ワイン・お酒の提供、それらの適切な紹介とサービスをすることです。また、専門的なアドバイスや清潔で衛生的な食事環境の維持することなども求められます。
受験資格が限られている上に、試験も難しいですが、こちらの資格があれば正式なソムリエとして認められます。

4位  ワインエキスパート

ワインエキスパートも、日本ソムリエ協会が認定する資格です。
こちらはソムリエと違い、職業、経験は不問となっています。ワインを中心とする酒類、飲料、食全般の専門的知識、テイスティング能力を有する人や、ソムリエ職種に就いていて、受験に必要な経験年数に満たない人がこちらのワインエキスパートを受験することが多いようです。
独学でも取得は可能なようですが、かなりの初心者であれば、まずは他の資格から勉強をはじめても良いかもしれません。

5位  ワインコーディネーター

全日本ソムリエ連盟(ANSA)が主催の資格です。取得には、ANSA規定の講習が必要となります。受講スタイルは3つあり、1番人気は通信コース。他には在宅受講・受験コースと2日間集中受講コースがあります。こちらの連盟では、知識を詰め込む講習ではなく、各種トレーニングを重視した独自のカリキュラムを導入し、ワインコーディネーターの育成に注力しています。
人気のワインを、今のお客様が求めるスタイルでサービスやセールスできることができるようになります。飲食業界などで働く人におすすめの資格です。

まとめ

血の代わりにワインが流れているという女優さんもいたように、ワインは人の心を魅了し、ライフスタイルに深く関わってくる飲み物です。豊富な知識を持ってワインをたしなめば、さらに楽しめるはずですよ。ワインをのみながら資格のお勉強なんていうのも、おしゃれでよいですよね。
ソムリエ  ソムリエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です