ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判

ソムリエ資格

ブドウの品種毎の特徴や世界のワイン事情といったワインの基本情報をマスターした人、また講師活動ができるレベルの人と認定されることでワインコンシェルジュになれます。
資格取得後は自宅で教室を開設し、知識を教える講師としての活動もできるようになります。
食事中の話題の種としてもビジネスマンなどの方も資格に挑戦されています。

ワインコンシェルジュ認定試験で身につく知識

勉強する内容の例として、ワインの歴史、格付け、産地や特徴、分類、ブドウの栽培と品種、ワインと料理、などが主に挙げられます。
知識を身に付ける事で、更に深くワインを楽しむことができ、様々なワインの味わいの違いの理由や歴史を理解できるようになります。
ビジネスにおいて、会食や接待などでワインを飲む機会が多い方も多いかと思います。
世界的にビジネスの話をする場でワインを振舞うシーンは数多くあります。接待中など、ビジネスの話をいきなりするのは失礼にあたる場合も多く、その前にワインを話題に寛いでから本題に、という展開がよくされています。
ワインの産地や特徴、それに合わせる料理などの知識は食事中に場を盛り上げるネタにぴったりです。
ワインソムリエになるというと難しいイメージがありますが、ワインコンシェルジュの試験はソムリエの資格試験ほどの時間をかけず、またテイスティングなどの試験は無いので、知識だけ欲しいという方やソムリエ資格の前段階として受験される方も多くいます。
ワインソムリエの資格は細かい知識、テイスティングなどが求められる難易度の高い資格です。その為資格を取得した方は高級レストランやホテルでの就職を希望し、また一般的な企業ではソムリエのコストの高さから人材が確保が難しいとの声が上がっています。
そこでワインに関する知識だけを有する人材を市場に輩出できるよう考えられた資格がワインコンシェルジュです。
飲食関連の企業や製造、販売などの一般企業から即戦力として、または指導者としての需要が高く、幅広く活躍できます。

ワインコンシェルジュ認定試験の口コミ

日常的にワインを飲んでいる方や、健康のために勉強始めた方など受験する理由は様々なようです。
知識を付ける事により選ぶ楽しさや、夫婦のコミュニケーションとしても好評です。
また、ワイン好きのコミュニティを広げられた、友人に合うワインを選び喜ばれたなど、日々の生活に潤いを与えることにも役立っているようです。
飲食業に従事される方も受験される方もいます。
お客様に勧める際に役立つのはもちろんですが自分の好きなワインを深く知る、新しい好みのワインを見つけるなど、やはり自分自身の日常に役立てることが多い印象です。
料理に合わせるワインを選ぶのが楽しみという声も多く、男女に関わらず幅広い世代の方々からワインが親しまれている事が伺えます。
普段からワインを好んで飲まれる方や、話題の種として興味のある方など取得を目指すのも面白い資格ではないでしょうか。
ワインを普段から飲まれる受験者の口コミからも知識を付ける事でよりワインを楽しめている事が伺える事からも、ワインを愛飲する方にはぴったりの資格です。

ワインコンシェルジュ認定試験の概要

ワインコンシェルジュ認定試験は日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。
試験は在宅受験の形が採用されているので忙しい方にも受験しやすくなっているのも人気の一つです。
受験の申し込みは日本安全食料料理協会のホームページからでき、申し込みをすると試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
書類を受け取る際に代引きの形で受験料の10000円を支払います。期間内に回答し、解答用紙を郵送にて提出します。
70%以上の評価を得ると合格となり、晴れてワインコンシェルジュとして認定されます。
また、通信講座の中には卒業課題を提出する事で卒業と同時に試験免除でワインコンシェルジュソムリエインストラクターの2資格が取得できるものもあります
ソムリエ  ソムリエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です