一生役立つ!「手に職」資格ランキング

資格

資格を取る理由。その問いに最も多いのが手に職が欲しいからでしょう。
手に職・・・確かに良い言葉です。今の日本何があるか分かりませんから。ぜひとも手に職をつけて、世間の荒波を乗りこなしていきましょう!

1位  インテリアデザイナー

長年人気資格のインテリアデザイナー。インテリアデザイナーは建物の内部や外部の装飾、家具や照明器具などの室内演出、建物全体の構成を手がけることのできる資格です。人気の理由はこの汎用性の高さにあるといえるでしょう。あらゆる仕事にインテリアデザイナーは関わってきます。

建築士さんの補助はもちろん、独立してインテリア全般の講師にもなれますし、家具や雑貨の製作に関わることもできます。空間構成の能力もあるので、お店のディスプレイなどにも発揮できます。

インテリアデザイナーの資格を持てば、建築、不動産、飲食、学校などあらゆる場所で活躍できるでしょう。まさに手に職の資格といえます。

2位  建築CADインストラクター

建築CADインストラクターは、建築CADにおける建築設計、建築施工図などを理解し、AutoCAD、JWCAD、いずれかの操作が実務レベルに達した人が認定される資格です。

資格取得後は、建築関係の就職はもちろん、講師活動ができます。不動産業界は、とにかくCADが使える人が重宝されます。正社員はもちろん、パートやフリーランスの人でも求人があるので、自分が望む勤務形態につきやすいのが特徴です。

建築、製図などに興味がある人はぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。CADは年々新しい手法がでてくるので、常に勉強し続けなくてはいけませんが、そのぶん生涯を通じて手に職であり続けることのできる資格です。

 3位  POPデザイナー

アニメやデザインに興味がある人は、POPデザイナーという資格もあります。お店や外で広告のPOPを見たことがありませんか?はなやかでキャッチーなPOPは目を引きます。

POPデザイナーに認定されるには、デザインに対する知識とセンスを持ち合わせることが必要になります。レイアウトや配色など、クライアントの希望やその場の状況にあったデザインが求められます。この資格があれば、広告業界や販売業など、いろいろな場で活躍できますよ。センスに自信がるひとは自宅でカルチャースクールなども開けますので、手に職といえるでしょう。

4位  ガーデニングアドバイザー

ガーデニングアドバイザーという資格は、基本的なガーデンデザインの知識・技術・技能を有していること示します。

たとえば、花や木の種類や、植栽のプラン、ガーデンの設計などができるようになります。自分の趣味だけではとどまらず、自宅でカルチャースクールを開くこともできますし、ガーデニング業界で活躍できる資格です。

少子高齢化社会では、ますますガーデニング人気がもりあがりそうです。ガーデニング知識だけでなく、実際に設計なども手がけられるこの資格は、今後も役に立つ資格と言えるでしょう。

 5位  ソムリエインストラクター

人気のソムリエはその知識量が武器となります。飲食業界に強い資格といえば、ソムリエインストラクターでしょう。

ワインの品種、原産地、製造などを学び、料理に合ったワインを提供するのがソムリエインストラクター。幅広い知識と、識別能力が必要です。また、味の選定だけではなく、ワインの仕入れや保管なども担当できるようになります。

この資格があれば、飲食業界の店員はもちろん、ワイン好きの人が集まるお店のプロデュースもできますし、講師活動などにも役立ちます。

まとめ

いかがでしたか。安心して長く続けられる職につきたいなら、資格の勉強をすることをおすすめします。今は資格持ち限定の求人も多いです。あの時、あの資格を取っておけば…と後悔する前に、まずは挑戦してみましょう。手に職の資格をもっていれば、自分の仕事ぶりに自信がつき、安定した生活につなげることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です