中華料理資格人気ランキング

中華料理は日本でもなじみ深い料理です。ラーメンやチャーハン、餃子など、毎週のように食べている人も多いのではないのでしょうか。
人気の中華料理について、本格的に学んでみたいと思う方も多いはずです。

資格を通じて中華料理を学ぶと、いろいろメリットがありそうです。
たとえば、小籠包や麻婆豆腐など、バラエティーに富んだ中華料理の作り方を基本からしっかり学ぶことで、ご家庭でも楽しめるようになります。
外出先でも中華料理のマナーを知っておけば、気分よく、美味しく食べることができます。
また、資格を取得することで、調理師や講師活動などお仕事でのスキルアップにも役立てることができそうですね。
それでは、中華料理資格で人気の資格、上位3つをご紹介いたします!

1位 中華料理ソムリエ

中華料理ソムリエは、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定の資格です。

この資格では、中華料理に関する幅広い知識を問われます。
資格取得のためには、中華料理とは、中華料理の歴史、といった文化的な知識を有していることが必要とされます。
また、「四大中華料理とは」というところから始まり、北京料理、広東料理、四川料理、上海料理、地方料理といった、地域ごとの中華料理の違いを知っておく必要があります。

次に、それぞれの土地の気候と風土が、さまざまな料理を育んできたという知識が必要になります。
道具については、中華鍋や中華土鍋、中華包丁、穴杓子、玉杓子、せいろなどの知識が問われます。
調理方法についても、麻婆豆腐や天津飯、酢豚、フカヒレスープなど中華料理の作り方の知識を問われることになります。

さらに、マナーや健康について、例えば中華料理を食べる際の基本的なマナー、中華料理と美容の関係などの知識が問われます。
中華料理は大勢で食べることを前提としているので、座る席のルールや、とりわけ方など中華料理独自のマナーを身に着けたいですね。

資格取得後は、中華料理ソムリエとして講師などの活動ができます。

2位 中華料理調理インストラクター

中華料理インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定している資格です。

この資格の勉強を通じて、中華料理の歴史、四大中華料理、精進料理、中国茶、中国酒など中華料理の基本的な知識を学べます。
中華料理に欠かすことのできない中医学や漢方と薬膳について学べます。
「医食同源」という言葉に見られるように、食事と健康のつながりを深く理解し、実践しているのが中華料理です。
この資格を通して、中医学を学ぶことができるので、健康増進を図ることが期待できますね。

また、この資格を通じて、碗や盤、盆、盆子鍋、鍋子など中華の食器、カトラリーなどについて学習することができます。
カトラリーとは、食卓用のお箸やスプーンなどの総称のことです。
さらに、水餃子、小籠包、担々麺、酢豚、焼売、エビのチリソース、杏仁豆腐、ゴマ団子などの作り方を学ぶことができます。

資格取得後は、中華料理調理インストラクターとして講師などの活動ができます。

3位 IPA中華料理技師資格試験

IPA中華料理技師資格試験は、国際職業能力資格認定協会が認定している資格です。

この資格は、日本国内の中華料理の文化、メニューの構成、必要なスキルについて正しく理解しており、かつ日本国内の中華レストランの調理場に求められるような技術者であることを証明できる資格です。
プロを養成する資格であるため、厳格な審査するために、外部から10年以上の経験のある審査員を招くほか、公正を記すために試験中の様子はすべて録画されます。
それだけ威厳のある資格だということになります。

特級、一級、二級とあり、上の級だと要求される範囲も広くなります。自分のレベルに応じて受験が可能です。

どの級も一次試験と二次試験があり、一次試験は学科試験で食品衛生法規、栄養学と食品衛生学、調理理論、中華料理マニュアル概論といった内容から出題されます。
なお、一次試験は、一定の実務経験があれば免除されます。

二次試験は、学科及び実技の試験となります。
学科は十問出題され、食品衛生法規が2割、栄養学と食品衛生学が2割、中華料理基本知識及び日本における中華料理知識に関する個別考査が6割出題されます。

実技については、下準備及び現場実技操作と、作品評価により試験が行われます。
下準備及び現場実技操作については、包丁技巧や加工の基本的技能、調理手順や正確性、衛生管理、スピードなどが問われます。
作品評価については、味、食感、見た目、衛生管理などが総合的に問われます。
二次試験全体の配点は、学科10点、実技下準備、実技操作チェック10点、作品評価80点となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です