住まいアドバイザー認定試験口コミ評判

資格

マイホームに憧れる方は多いのではないでしょうか。

しかし、マイホームを建てることで完成としてメンテナンスまで気が回らないケースが多く、せっかく建てたものの劣化していくのに気が付かない場合があります。

完成されたものは日々劣化していってしまうものです。

劣化に気付き、早期にメンテナンスすることができれば様々な事態に対応できる為、重大な事態に発展する前に未然に防ぐことが可能となります。

資格を取得するにあたって習得できる知識

建築材料や建物に関する基礎的な知識、また住まいの視点からみた建物や建築材料についての知識を身につけることができます。

建物や建築材料の欠陥が大々的なニュースになったことも記憶に新しいかと思います。

欠陥は材質によっては健康被害を引き起こす可能性もありますし、最悪、倒壊してしまうこともあります。

住まいアドバイザーとはこういった住まいに関する知識を理解し、また人々に住まいに関するアドバイスをすることができるようになります。

予算内で耐久性や機能性ばかりを重視すると環境や人体に影響がある家ができてしまうかもしれません。

建築専門の方に全て任せることもできますが、自分でも知識があれば使いたい建材、また使いたくない建材が分かるので、専門家の方にそれを伝える事で安心して任せる事ができますね。

住まいアドバイザー認定試験の口コミ

将来の家を購入する為に住まいに関する書籍を読み、勉強の結果に資格を取得し理解を深めた

実家が劣化してきたのが気になりリフォームを考え、ついでにもともと気になっていた箇所を修正したいと思い勉強した

住まいに関する総合アドバイスをメインとした事業を立ち上げたいと思い、顧客に知識を認められていると理解してもらうために資格を取得した

こういった口コミが寄せられている住まいアドバイザーの資格。

増税前の建築、リフォームを考える方は多く、事業としても狙い目として捕らえる方も多くなっている事が印象的でした。

事業として役立てる方以外も自分の家を建てる際に役立てる方も多く、また、家を建てる前に資格を知っていればもっとこだわれたのに、といった口コミも見受けられました。

そう言った方はリフォームの際に役立てたり、身近な人の為に自分の体験を活かしてアドバイスをするなどしているようです。

住まいアドバイザー認定試験の概要

住まいアドバイザーは日本生活環境支援協会が主催する認定資格です。

受験料は10000円で、試験は在宅受験形式が採用されています。

在宅受験なので、申し込み・支払い・回答・結果までの全てが自宅で完了することも忙しい現代において支持される理由になっています。

合格ラインは70%以上の評価となっていますので、しっかり勉強して試験に臨む必要があります。

合格後は団体に受験料とは別途で代金を支払い、申請をすることによって合格認定証や認定カードなどを発行してもらうこともできます。

また勉強方法として通信講座を利用する方も多く、中には卒業課題を提出する事によって卒業と同時に試験免除で住まいアドバイザー建築材料インストラクターの2つの資格を取得できるものもあるので、自分に合った勉強方法を調べてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です