内装の達人になる!インテリア資格ランキング

インテリア

使える資格の代表ともいえるインテリアの資格。家の中の美観はもちろん、お店の内装や、建築系の仕事まで、あらゆる分野での活躍が期待できます。まずはしっかりと基礎を身につけ、自分ならではの美的感覚をつけていくことが肝心のこの資格。人気のものをランキングにしてみました。

1位  インテリアデザイナー

インテリアデザイナーは、日本デザインプランナー協会が認定する資格です。インテリアデザイナーとして働きたい方はもちろん、現在インテリア会社や、建築関連で働いている人も、この資格の対象となっています。
インテリアに関する商品知識や販売技術、インテリアデザイナーとしての理解力や表現力が問われます。2ヶ月に1度の頻度で試験が行われ、在宅で受験可能なのが人気の理由です。
インテリアが好き!という人はもちろん、将来的にマイホームを考えている人におすすめの資格です。より専門的な知識がみにつき、自分のデザインセンスも活かしきることができます。また、設計・建築の要素も強いので、多方面から家を考える能力がつき、自宅の設計に役立つのはもちろん、建築関係の企業でも専門家として活躍ができるでしょう。

2位  インテリアアドバイザー

インテリアアドバイザーは、日本デザインプランナー協会が認定する資格です。インテリアアドバイザーとしての知識・技術があり、それを実務で活用できる技能を有し、インテリアに悩むお客様に、適確なアドバイスを行える人が認定されます。2ヶ月に1度、試験がありますから、忙しい社会人でも目指すことができます。
活躍の場としては、ショールームやインテリアショップなどです。インテリアのプロですから、訪れるお客様も安心して相談ができます。本人の頑張り次第では、デザイン事務所などでも活躍できますし、実務経験をつめば自宅などで講師活動も可能です。

3位  インテリアプランナー

インテリアプランナーは、建築技術協会普及センターが認定する資格です。インテリアプランニングにおける企画や設計を行い、インテリアに関する知識と技術に習熟した専門家のことを指します。コンセプトを策定するプログラミング業務から、デザイン業務、品質・コストの管理を行うマネージメント業務にまで関わります。
試験は年に1回のみとなっているので、短期取得には向きませんが、インテリアに関する、より深くて幅広い専門知識を身につけたい人は目指してみても良いでしょう。

4位  インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、インテリア産業協会が認定する資格です。快適な住空間を作るために、適切なアドバイスを行うことができる人に資格が与えられます。インテリアコーディネーターの資格があれば、インテリア(内装、家具、照明器具、住宅設備等)に関する幅広い商品知識をいかし、住宅・インテリアメーカー、工務店などで、インテリアの計画や商品選択をアドバイスできます。
試験は一次と二次にわかれており、二次試験では論文やプレゼンテーションが必須となります。少し難易度の高い資格といえるでしょう。

5位  インテリア設計士

日本インテリア設計士協会が認定する資格が、インテリア設計士です。2級と1級にわかれています。こちらの資格は、受験資格があります。とくに1級は実務経験や、インテリア設計に関する学校を出ることが必要条件となります。試験は、筆記と実技があり、実技では企画を出したり、室内設計図(平面図・展開図・天井伏図・透視図・詳細図)の作成が必須となります。出題範囲も幅広く、より専門的で、プロフェッショナルな資格といえるでしょう。

まとめ

美しい家具のバランスだけでなく、照明や小物など、すみずみまで自分のデザインセンスを行かせるインテリアの資格。おうちに帰るのが楽しくなりますね。培ったデザインの知識はどんな職場でも大いに役に立ちます。資格を取り、自信をもって、いろんな分野にトライしてみましょう。
インテリアデザイナー資格  インテリアデザイナー資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です