可愛さにハマる♪ビーズアクセサリー資格ランキング

ビーズアクセサリー

ハンドメイドの小物やアクセサリーの人気があがり、今ではフリーマーケットなども大盛況です。ネットで自分が作ったものを売り買いできるアプリなどもありますね。始めてみたいけど、一人では難しい・・・という人は、通信講座で資格を取ってみてはいかがでしょうか?

1位  ビーズアクセサリーデザイナー

ビーズアクセサリーデザイナーは、日本デザインプランナー協会が認定する資格です。ビーズに関する知識や、天然石に関する知識、ビーズアクセサリーの作成についての基本知識や技術をゆうする人が認定されます。試験では、アクセサリーやビーズなどの商品知識だけではなく、販売などの幅広い知識が問われます。在宅受験が可能で、2ヶ月に1回試験が行われていますので、短期取得も目指せるのが人気の理由です。
ビーズアクセサリーはフリーマーケットなどでもかなり人気の製品です。既製品と違って、手作りならではの可愛さや温かみがあります。また、作る人によってデザインがガラッと変わるので、オリジナリティがあります。ビーズアクセサリーデザイナーとなれば、いろいろなデザインを自分で考え、自分や友達のアクセサリーを楽しく作ることができるようになります。

2位  ビーズアクセサリーインストラクター

ビーズアクセサリーインストラクターは、日本インストラクター協会が主催する資格です。ビーズアクセサリーの作成や、作成に必要な知識と技術が、他者へ指導可能である人が認定されます。資格を取得した後は、その知識を利用して講師活動ができます。
こちらの試験も2ヶ月に1度、開催されています。個人で技能を取得するのは難しいので、わかりやすい通信講座をうけてから、試験を受けるのが望ましいです。
ビーズアクセサリーは若い女性だけではなく、手先を使うということで、リハビリなどの分野でも今注目されています。ビーズアクセサリーインストラクターとなれば、趣味として楽しむだけではなく、福祉施設などいろいろな分野で活躍できるようになるでしょう。

3位  ビーズアーティスト

ビーズアーティストは一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が主催の資格です。こちらの資格をとれば、講師やインストラクターとして活躍できるようになります。受験資格は、JADP指定の認定教育機関が行う教育訓練で、全カリキュラムを修了した人です。履修内容は、ナイロンコートワイヤーで作るネックレス、テグスで作るロングネックレス、ビーズボールのストラップなどです。

4位  ハンドメイド・クリエイター

日本通信教育振興協会が認定する資格です。試験などはなく、日本創芸学院の雑貨ハンドメイド講座を履修した後に、もらえる資格です。ビーズだけではなく、アクセサリーやレザークラフト、バッグ、編み物など、おしゃれなアイテムがたくさん作れるハンドメイド技術が身につきます。作品販売など、資格を活かして副収入を得ることもできますね。

まとめ

ビーズアクセサリー作成はデザインの力や集中力がつきますから、人生をさらに豊かにしてくれます。また、細かい作業は、認知症の防止や抑制に効果もあるので、医療福祉業界などでも人気です。ぜひ資格を取って、ビーズアクセサリーの可能性を社会にひろめていきましょう!
ビーズアクセサリー資格  ビーズアクセサリー資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です