和菓子資格人気ランキング

和菓子資格

日本人が誇れる伝統の和菓子。
和菓子には、とても細かい細工がしてあり、見た目も鮮やかなものから、上用まんじゅうの様なシンプルな和菓子まで、幅広くあります。
今でも、慶弔関係があった時には、和菓子が定番になっており、お茶と一緒に差し出されることが多いです。
そんな和菓子にも、資格があることをご存じでしたでしょうか?
今回は、和菓子の資格の人気ランキングをご紹介いたします。

1位 和スイーツセレクトマイスター

堂々の第1位は、和スイーツセレクトマイスターです。
あまり聞かない資格かもしれませんが、この資格はとっても和菓子を知る上で勉強になります。
その理由をご紹介いたします。
・道具の意味を知ることが出来る
和菓子作りに必要な道具には、へらや三角棒など、色々な道具があります。
また、一つの和菓子を作るためだけに使われるものとして、ところてん抜きなどがあります。
このような和菓子に使われる道具の意味を学ぶことが出来るのです。
・日本全国の郷土菓子を知ることが出来る
和スイーツセレクトマイスターでは、日本全国の郷土和菓子を知ることが出来ます。
和菓子が大好きで、和菓子の歴史に興味のある方なら、とても面白そうな資格といえます。

2位 和菓子文化コーディネーター

この資格は、文化を学ぶ資格になっていそうですね。
和菓子の歴史はとても興味深いものがあります。
この資格を勉強すれば、さらに和菓子の歴史を詳しく学ぶことができそうですね。
それでは、どのような資格かご紹介いたします。
・和菓子の文化・歴史を理解しながら日本の和菓子を知る
日本各地には、その地方にだけ伝わる郷土和菓子が数多くあります。
そんな和菓子は、どのようにして生まれたのか、また、その郷土和菓子を食べる時期や意味を理解します。
このように、昔から伝わる和菓子を歴史から学んでいくことで、和菓子に対してのより深い知識と理解を養います。
・行事ごとに適切な和菓子を選ぶ知識をつける
和菓子には、地方ごとに、和菓子が誕生した歴史があることはお伝えしました。
このような歴史を引き継いでいる人がいるからこそ、その歴史をもつ行事の際には、今も和菓子が出てくるのです。
この資格では、行事ごとに、適切な和菓子が出せるように学ぶことができます。

3位 菓子製造技能士

この資格は、製造という言葉がある通り、和菓子を作る方に力を入れた資格になっていそうですね。
どのような資格なのか、調べてみました。
・国家資格になっている
菓子製造技能士は、国家資格になっており、この資格を受けるためには、実務経験が必要になってきます。
つまり、ある程度の実務を経験した人達が、国に和菓子の技術を認めてもらうのが、この菓子製造技能士なのです。
1位や2位と比べると、少し受験するまでにハードルがある資格になっていますね。
実務経験が土台となっているので、こちらの試験では、筆記だけではなく、実務もあります。
まら、技術によって、1級と2級にグレードが分かれているのです。
・取得すれば、他の資格試験でも有利になる
菓子製造技能士は、1級を取得すると、職業訓練指導員のパン・菓子科の試験を受ける際、実技と学科の試験が免除されます。
また、2級を取得すると、製菓衛生師試験での製菓理論と実技の試験が免除されます。
少し難しい資格ですが、もしもこの資格が取得出来たなら、他の試験が一部免除になるという、メリットがあります。
この資格を土台に、和菓子分野で幅広く応用がききそうな資格ですね。
和菓子の人気資格では、和菓子の歴史を知りながら、和菓子への理解を深める資格が人気の様です。
確かに、日本各地の和菓子発祥の地が分かったり歴史を知っていると、旅行で他県に行って和菓子を目にしたら、そこの土地の歴史まで紐付いて分かるのですから、旅行をしていても今以上に楽しくなるでしょう。
和菓子の資格は、日本の歴史を知ることにも繋がるので、歴史好きの人は興味深い資格だといえそうです。
和菓子  和菓子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です