和食資格人気ランキング

和食資格

私たち日本人にとって和食とは、かけがえのない食文化となっています。和食は自然との関わり合いがとても深く、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。近年は、海外の料理も人気が高まり、和食の特別感が薄れてきているようにも感じます。しかし、海外では日本食ブームが起きており、私たち日本人は改めて日本食の素晴らしさや美しさを再確認しています。和食は世界で人気の高い食文化と言えます。そんな和食に関する資格があり、資格に関しても人気が高まっているので、今回ご紹介していきたいと思います。

1位 和食エキスパート

和食エキスパートとは、日本安全食料料理協会主催の民間資格で、和食に関する基本的な和食の知識・技術・技能を持っている人に対して贈られる資格となっています。この資格は、料理が趣味の方が実力を証明するために資格取得を目指すことや、婚活対策として女性が取得したりと安定的な魅力を誇っています。資格試験の内容としては、だしの種類や包丁の種類、煮物の作り方などの、和食に関する知識が問われます。この資格は、受験資格が特になく、興味がある人でも手軽に受験できるため、料理人しか取れない資格ではないというところも人気の一つです。

2位 日本料理インストラクター

日本料理インストラクターは日本インストラクター協会が認定している資格で、日本料理の基礎知識を学びたい方におすすめの資格となっています。この資格取得には、日本の四季に関する日本料理のレシピ構築や、懐石料理の知識とレシピ構築などの知識や技術が一定以上あることが必要となります。資格取得後は、講師として教えることも可能です。この資格の魅力は、教える力を中心とした資格認定を行っているため、自信をもって教室やセミナーを開くことができます。世界中で日本料理の人気は高まっていますが、いざ自分の実力で作ろうと思うと難しいものが多いです。そのため、日本料理を習う場所や、教えてもらえる場所を探している人も多くいます。需要は多くあるため、に日本料理インストラクターの資格を取る人も増加しています。

3位  和食検定

和食検定は、一般財団法人日本ホテルセンター主催の認定試験で、和食関係のほかの資格と違う部分があります。それは、料理に関する知識だけでなく、和食の食文化を継承していくために必要な専門知識と実務知識の理解が必要だということです。食だけに関わる資格ではなく、マナーや慣習などの知識も問われるため、ス超す難易度が対試験と言えるでしょう。ただし、受験資格はないので、何度でも挑戦することができますし、国籍なども関係ないので外人でも受験できるようになっています。試験の方法については筆記試験だけになっており、受験しやすい試験で人気になっているようです。

4位  和食マイスター

和食マイスターは、野菜ソムリエ協会が主催の民間資格となっており、日本伝統食文化を幅広く学んだうえで、和食の美味しさや楽しさを理解し、伝えることのできるスペシャリストです。この資格は、和食の伝統文化を様々な角度から学び、日本料理の素晴らしさや美味しさを伝えていくための資格です。和食についての歴史を始めとして、食べ方のマナーまで幅広く学べるため、近年人気を集めている資格です。

5位 和食アドバイザー検定

和食アドバイザー検定とは、一般社団法人 日本実務能力検定協会主催の民間の検定試験で、和食の知識や技術を習得したうえで、その魅力や素晴らしさ、美味しさをたくさんの人に伝えることのできる人材を育成することを目的としています。この資格は、すでに食に関する職業に就いている方や、農業や食育に興味のある方から注目されている検定試験です。受験の内容については、在宅で受験が可能なジュニア和食アドバイザー検定に合格したうえで、修了試験を含んだ和食アドバイザーの検定実技講習会を通過すると資格が授与されます。他の検定試験に比べると少し難易度が高いかもしれませんね。
和食  和食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です