紅茶を資格に!紅茶資格ランキング

紅茶講座

最近の若い人は、コーヒー好きより紅茶好きが多いのだとか。カフェでも紅茶メニューが人気ですね。家でも美味しい紅茶を入れられたら、ティータイムがより素敵なものになりそうです。人気の紅茶の資格をランキングにしました。

1位  紅茶アドバイザー

紅茶アドバイザー認定試験は、日本安全食料料理協会が主催の資格試験です。この資格は、茶葉の知識や、カップとソーサーの知識、美味しい紅茶の淹れ方、オリジナルブレンドなどの基礎知識を有していることが必要となります。在宅で受験できるのが紅茶アドバイザーの人気の秘密です。
紅茶に関する基本的な事柄はいろいろありますが、たとえば、茶葉の等級や、紅茶のグレード、紅茶の生産地などの知識が問われます。これらをいかして、美味しく、深みのある味の、自分ならではの紅茶が提供できます。
美味しい紅茶は毎日の元気をくれますよね。家で自分のためにいれるのはもちろん、友達のうちでのお呼ばれや、パーティの場でも、最高の紅茶を披露すれば、絶対に人気者になれますよね。
資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができますので、紅茶好きなら取っておいて損はない資格です。

2位  紅茶マイスター

こちらも日本安全食料料理協会が主催する資格です。紅茶アドバイザーの違いはどこにあるかというと、こちらは喫茶店などの経営により特化した資格となります。紅茶マイスターは、紅茶オーナーの知識と、それを実務で活用できる技能が必要となります。
喫茶店を開きたい人、紅茶オーナーなりたい人、また飲食店で働いている人などに人気のある資格です。在宅で受験できるので忙しい人にもおすすめです。
こちらの試験で問われるのは、マーケティングの知識や、開業の知識、ティールームの内装や設備などです。この資格があれば、講師活動等はもちろん、紅茶を生かした経営者としても活躍できるでしょう。

3位  紅茶コーディネーター

紅茶コーディネーターは、日本創芸学院が認定を行っている民間の資格です。紅茶の淹れ方や知識、紅茶の種類の見極めや、テイスティングなどを学ぶことができます。紅茶コーディネーターの資格は定期的なレポート課題があります。まずは通信講座から始めるのが近道と言えるでしょう。
取得目安期間は9か月となっています。少し大変ですが、紅茶に関わる仕事を考えているのであれば、この資格が後ろ盾になってくれるでしょう。また紅茶教室なども開くことができます。
また資格講座とは別に、セミナーなども開かれているので、紅茶好きの同士と知り合う機会もあります。

4位  ティーインストラクター

日本紅茶協会が認定する資格です。ティーインストラクター養成研修コースを受講する必要があります。日本における紅茶の普及を図り、紅茶の知識向上と技術をたかめるための資格となっています。
1年に1度、受講者を募集します。土日などに実習があるので、平日休みの人には難しいかもしれません。
こちらの資格を取れば、ティーインストラクターとして、全国でイベントやセミナーが開催できます。

5位  ティーコーディネーター

ティーコーディネーターは紅茶の名店、リプトンが主催する認定資格です。由緒ある資格ですが、銀座のスクールでしか受講できません。資格取得までには、2段階にわかれていて、まずは基本を学ぶレギュラーコースです。レギュラーコース4講座を全て修了したら、より専門的に学べるシニアコースに進めます。シニアコースでリプトンティースクール規定の単位を取得すると、ティーコーディネーターの資格認定証をもらうことができます。
かなり長い時間がかかり、場所も限られているので、近くに住んでる人以外がとるのは難しい資格といえます。

まとめ

会話が弾む飲み物1位は何か知っていますか?そう、紅茶なんです。美味しい紅茶はコミュニケーションを円滑にし、ストレスをなくしてくれます。紅茶好きならぜひ資格を目指して、知識をより豊かなものにしてみましょう。
紅茶資格  紅茶資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です