ハーブ資格ランキング

ハーブ

ハーブの持つ癒しの力が、今見直されています。優しい香りだけでなく、お茶やサラダなどにすれば直接ハーブを身体に取り入れることができます。昔はハーブの知識を持ち、薬としていた人を魔女と呼んでいたそうです。ハーブの資格を取って普段の生活に役立てれば、まさに現代の魔女となれそうですね。

1位  メディカルハーブカウンセラー

メディカルハーブカウンセラーは、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催している資格です。
ハーブによる人体や精神のリラックス効果、リフレッシュ効果、デトックス効果などを知識として持ち、ハーブを用いたカウンセリングができる人が認定されます。
ハーブの広い知識が必要になります。たとえば、ハーブの種類や保存方法、扱い方などの基礎知識。もちろんハーブティのレシピや、ハーブを使った料理などにも詳しくなります。
メディカルハーブカウンセラーの資格があれば、人を癒すことはもちろん、美しく、健康的な生活をおくれそうですね。

2位  ハーブライフインストラクター

ハーブライフインストラクターは日本安全食料料理協会が主催しています。ハーブを生活に活かすことができ、生活を豊かにできる人が認定されます。ハーブのさまざまな利用方法やハーブの栄養に関する問題が、試験では出題されます。認定するのが日本安全食料料理協会だけあって、よりハーブの栄養や効用に特化した内容となっています。
ハーブを使った料理はとても人気があります。お料理教室でも、ハーブの効用や栄養を知識としてもっていれば、より幅広い層から支持されるでしょう。
もちろん、日常の美容・健康管理にも役立つ資格です。

3位  メディカルハーブ検定

日本メディカルハーブ協会(JAMHA)の認定資格です。ハーブの安全性や有用性を正しく普及させるというのが、この資格の趣旨です。
ハーブに関心があり、正しい知識を持ちたい人におすすめです。比較的手に入りやすい15種類のハーブを題材としています。メディカルハーブの入り口として、ハーブティーの香りや色、効用を学び、毎日の暮らしで活用することを学びます。
この検定を合格した後、日本メディカルハーブ協会の会員となって、所定の研修プログラムを修了すると、メディカルハーブコーディネーターの資格が認定されます。

4位  ハーブセラピスト

日本ハーブセラピスト協会が主催してる資格です。こちらは日本で最初に行なわれたハーブ検定です。ハーブを自身で楽しんだり、家族や友達に楽しんでもらったり、健康を維持するための知識を試します。資格取得のあとは、ティーサロンの開業や講師として活躍することができます。通信講座や通学講座で知識を得ることが可能です。とくに自宅でのティーサロンなどを考えている人にはおすすめです。

5位  ハーブコーディネーター

メディカルハーブに関する十分な知識と技能がある人が認定されます。アロマショップやエステなど、ハーブを仕事で活かすことができる基礎知識や薬事関連法などを身につけることができる資格です。
より深い専門知識が身につきますが、この資格を受験するには、メディカルハーブ検定に合格していることが条件となります。他にも日本メディカルハーブ協会(JAMHA)の会員であること、メディカルハーブコーディネーター研修プログラムの修了などが義務付けられているので、資格取得にはすこし手間と時間がかかります。

まとめ

女子人気の高いハーブの資格、いろいろな種類がありますね。ハーブの何を知りたいのか、ハーブを使ってどんなライフスタイルにしたいのかを考えて、資格を目指すといいですね。通信教育なら、効率よくハーブの知識を取得できるのでおすすめです。素敵なハーブ魔女を目指しましょう!
ハーブ資格  ハーブ資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です