実践建築模型認定試験口コミ評判

模型

実践建築模型認定試験とは、建物の平面図から縮小して作られた模型を使い、設計者の意に沿ったプレゼンを行う事のできるスキルを認定するものです。
建築模型の知識と制作技術を計り、現場で実践できるまでの知識と技術力を試されます。
このスキルは関連した企業や技術者に分かりやすく説明する為の大切なものです。
建築模型を使い、ビジネスをより円滑なものにすることができます。

実践建築模型認定試験の口コミと評判

この資格も70%の評価を獲得と、多くの試験の合格ラインと同じになっています。
しっかり対策を立て、努力を重ねれば無理なく取れる資格です。
実践建築模型認定試験には、1級と2級があり日本デザインプランナー協会が認定している資格になります。
試験自体が実践的な内容もテストされるので、資格を取得後すぐに成果を活かせるのも良い評判の要因になっています。
資格を取得すると建築模型の仕事の受注にも役立てられ、すぐに試験の成果を活かせると評判です。
また、在宅ワークとしても建築模型士の注目が高まっています。その為、学生や主婦の方も受験されています。
企業によりますが、合格するとお給料がアップするなどのメリットもあります。資格を取り、他と差をつけることもできます。

実践建築模型認定試験の受け方

1級と2級の受験概要は違いますが、どちらも在宅受験の形が採用されています。

どちらも受験料は10000円、申請はインターネットからの申し込みです。合格基準は70%以上の評価が必要となり、試験日程は2ヶ月おきの偶数月に実施されています。
1級の受験概要は建築模型の制作技術や技能+製作スキルと現場で運用可能な実践力を認定するものになります。
2級の受験概要は建築模型の制作技術や技能についての知識を認定します。
実践の場で通用すると認められているのは1級ですが、当然2級の知識が必要になります。
独学で合格するには模型の知識も必要ですが、専門用語なども調べ、理解する必要があります。その為、独学で受験される方は建築やデザイン関係の仕事をされている方や、専門の学校を卒業された方が多く受験されています。
全くの初心者の方には敷居が高く感じられるかもしれませんが、そういった方も通信講座などを利用して受験し、合格されています。

こんな方にオススメ

建築関係の仕事に就いていて、キャリアアップしたいという方。
多忙の中でも在宅型の受験方法なので出向く必要が無いのは大きなメリットです。
また、オススメする企業などが素人の場合、伝わりにくい建築を模型を使って分かりやすく伝えるなど、ビジネスにおいて非常に有利になります。
在宅ワークとして建築模型製作を考える方。
在宅ワークとしても人気が高まる模型製作ですが、その分ライバルが沢山います。
企業が作成者を選ぶ際、できるだけ信用できる人を選びます。資格を持っていない人より、持っている人を選びます。
完成度の高い模型を作ればそれだけ評価され、報酬に結びつきやすくなります。
ジオラマや模型を趣味としている方。
模型が趣味ならば知識もありますし、今は必要無くとも取っておいても邪魔になることはないのではないでしょう。
趣味から収入を得ることもできるようになります。
建築模型・住宅模型資格  建築模型・住宅模型資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です