希望した会社に入りたい!就職・転職に有利な資格ランキング

資格

資格は努力の証であり、一定以上の知識やスキルを持つという証明でもあります。そのため、転職や就職において、有利に働くことも多いです。どういった資格があれば、どういった業界に有利に働くのでしょうか。今回は就職や転職に有利な資格をランキングにしました。

1位  建築CADインストラクター

就職活動に有利といえば、やはりCADでしょう。とくに建築用CADは建築業界ではマストです。建築CADインストラクターは、建築設計・施工図についての知識、建築CADシステムについての知識が一定レベル以上必要です。これを持つ人はCADのスペシャリストとして、とても重宝されます。またインストラクターとして、人に教える技術も併せ持つため、これからCADの実績を伸ばしていきたい企業においても、この資格持ちは非常に有利といえるでしょう。
ハウスメイカー、建築事務所、地元の工務店などに就職を考えているなら、CADの資格を狙ってみてはいかがでしょうか。

2位  メンタル心理ヘルスカウンセラー

メンタル心理ヘルスカウンセラーを持っていれば、カウンセラーとしての活躍が見込めます。カウンセラーは、ストレスや悩みなどが引き起こす心の病気が、身体にどう影響するかの知識をもち、その症状別に治療方法を理解し、心理学をもちいた治療を行います。
医療関係の就職に有利なのはもちろん、企業などでも最近はカウンセラーをおいているところが多いです。そういった場所においても、就職が有利となります。
メンタル心理ヘルスカウンセラーが一人存在すれば、企業としてこれほど心強いことはありません。ストレスの原因を探ることで従業員の仕事環境が良くなり、パワハラやセクハラなどもなくなって健全な経営ができます。
同じようなスペックであれば、メンタル心理ヘルスカウンセラーを持つ人のほうが就職には有利となるはずです。

3位  インテリアデザイナー

インテリアデザイナーの活躍は家具だけにとどまりません。美しい配置、心地よい色合い、照明や設備にいたるまで、その知識をいかすことができます。インテリア関係の企業に就職を考えている人はぜひ資格取得を目指してみましょう。また、建築関連の企業はもちろん、飲食、雑貨、アパレル系の店舗でも、インテリアデザイナーの知識は必要とされています。
居心地がよく、センスの良い空間を作ることができるので、どの業種においても幅広い需要が見込め、就職には有利となるでしょう。

4位  実践建築模型認定試験

建築模型をプレゼンテーションにもちいる企業は多く存在します。企業や建築関係、住宅展示場などでも需要があります。建築模型は、一人で勉強するのは難しい技術です。通信教育などで正確な知識をみにつけ、技術をみがくことができます。
普通の生活で身につく技術ではないため、建築模型の知識やスキル持つ人は貴重であり、そのような人材を求める企業は多くなっています。資格を取って、他の人と一味違う自分を演出し、希望業種の就職を勝ち取りましょう!

5位  ファッションデザイナー

アパレル関係の仕事を考えているなら、ファンションデザイナーの資格を目指してみてはいかがでしょう。服が好きな人はたくさんいますが、基礎から勉強し、ファッションの名称や形、機能面やデザイン等の知識を持っている人は貴重です。知識に裏づけされると、持ち前のセンスもさらに光ります。
お客様に的確なアドバイスができますし、まわりから頼られる存在となります。バイトだけでなく、正社員としてアパレルの道を進もうと思うなら、ファッションデザイナーの資格はもっておいて損はないでしょう。

まとめ

狙っている業種があるなら、まずは資格の勉強をして、業界を知ることからはじめても良いでしょう。実践前に知識を積むことで、より興味がわき、面接なども堂々とのぞめます。就職後の仕事もスムーズに進められるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です