幼児食資格人気ランキング

幼児食資格

子供を持つ親なら、子供が病気にならないように、一生懸命食事に気をつけていると思います。自分が命をかけて産んだ子供を、命をかけて守りたいと思うのは、当たり前のことであり、自然とそういう気持ちになってくることは、皆が同じなのです。
ここでは、そんな子供に関わる食育の資格ランキングをご紹介いたします。

1位 幼児食マイスター

幼児食マイスターという資格は、世の中の親に大人気の資格となっています。
どうしてこの幼児食マイスターが1位なのか理由をご説明します。
・幼児期の成長に合わせた献立の知識を身につけることができる
幼児は、大人と違い、まだまだ未発達な臓器や器官が沢山あります。乳児期を過ぎればすべて何でも体の臓器が整うわけではないのです。
たとえば、幼児期には、歯がどんどん成長していきます。歯が成長するということは、カルシウムが必要になるということは自ずと理解できると思いますが、このカルシウムを、幼児期の食事に上手に取り込み、まだ食べ好みのある幼児にどうやってたべさせたらよいか。
こういうことを、勉強しながら知識をつけて行くことができる資格となっています。
また、幼児期にはアレルギー反応が出てしまう子供も最近は少なくありませんが、そういったアレルギーを予防する食育なども学ぶことが出来るのも、この資格の強みと言えます。

2位 ベビーフードインストラクター

2位は、ベビーフードインストラクターの資格です。名前の通り、ベビーということなので、赤ちゃん用の離乳食に力を入れた資格となっています。
こちらの資格の人気は何でしょうか?
・和を基本とした離乳食に力を入れている
離乳食といえば、赤ちゃんが粉ミルクや母乳以外の食べ物を少しずつならす為に作られるものです。つまり、赤ちゃんは、初めてミルク以外の世の中の食べ物を口に入れ、食べるという練習を始めるのです。
今の世の中には、ありがたいことに食べ物が満ちあふれています。しかし、赤ちゃんに進められる食べ物と、そうではない食べ物があります。
食べ物が満ちあふれている世の中だからこそ、私達は責任を持って赤ちゃんに健康な食べ物を与えなくてはいけません。
そういった考えを元に、ベビーフードインストラクターの資格では、和食を基本にした、赤ちゃんに優しい食べ物のレシピを学ぶことができます。
和食は、日本人が世界に誇れる健康食ですよね。これを赤ちゃんの頃から徹底させるということなのです。
子育てで精一杯の中、和食のレシピを考えるのは大変なこと。
この資格を取っておけば、和食メニューの離乳食が作りやすくなり、安心となること間違いなしです。

3位 幼児食インストラクター

1位と似ているこの資格ですが、どのような内容の資格なのでしょうか?
早速見ていきたいと思います。
幼児食インストラクターは、一言で言えば、悩める、食の子育てにアドバイス出来るようになる資格です
これだけ聞くと、なかなか専門的で難しそうなイメージの資格ですよね。
確かに、この資格は、幅広い知識が必要となる資格です。
食への不安は、食べ好みの問題から、アレルギーの問題など、幅広くありますから、そういった悩みに答えていけるようにならなければいけないので、幅広く知識を持っていなくてはいけません。
しかし、この資格を取得すると、仕事の幅も、今まで以上に、ぐんと広がるのも確かです。
この、幼児食インストラクターの資格があれば、人前で講演が開けたり、料理教室を開けたりできるのです。
一度、資格を取得すれば、長い間使える資格となるでしょう。
最後に、子供の食に関わる資格というものは、直接、子供の血となり肉となるものに直接繋がっていく資格が多いです。毎食の子供が口にする食べ物やおやつを、真剣に考えるからこそ、このような資格が上位に来たのだと思います。
どの資格も、取得して損な資格は一つもありません。
もしも幼児食や乳児食のことで、もっと学びたい、もっと知識を増やしたいと考えているのなら、こういった資格を取るために勉強をするのも、一つの方法だと思います。
幼児食  幼児食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です