建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

資格

多くの人は建材につての専門的な知識は持ち合わせていないでしょう。

しかし、新築で家を建てる際や、リフォームを考えるにあたって多少の知識は必要になってきます。

建築専門の方に全てを任せるという方も多いですが、自分で知識を持つことにより使いたくない建材などが分かるようになる事で具体的な希望を伝えられるようになります。

また、建築前に建材ごとの性質や効果を説明してくれたり、希望に沿った適切な建材のアドバイスをしてくれる人がいたら心強いですよね。

建築材料インストラクターとはそういった建材についての知識を持ち、悩みや希望に沿ったアドバイスをしてくれる人を指します。

建築材料インストラクターとは

一生に一度の買い物と言われるマイホームですが、使われる素材についての特徴や欠点などこだわりたいと思いながらも知識が足りないという方は多いのではないでしょうか。

憧れのマイホームをやっと建てたと思ったら、気に入らない材料を使われていたなど残念に思うケースも少なくはありません。

子供が小さい家庭ならば喘息やアトピーといった持病は特に気になりますし、ペットと一緒に暮らす事を考えるならば防音や消臭といった面も気になりますよね。

建築材料インストラクターは建物に使われる材料などの知識が一定の水準に達していると認定された建築材料のプロです。

そんなプロに材料のアドバイスをもらえたら相談もしやすく心強いと感じるのではないでしょうか。

家の施工はもちろん、他にも建築やインテリア業界にも需要が高くあり、業界から注目を集める資格です。

建築材料インストラクター認定試験の口コミ

社会に通じる高度な知識を習得でき、今後はこの知識を活用し指導を行いたい

近頃の手抜き工事のニュースが気になり、自分でも勉強する必要性を感じた

使用される材料についてしっかりと理解した上で施工してもらえた

などの口コミが寄せられていました。

自分で知識を得ることによって満足のできるマイホームを手に入れられたとの口コミも多く、憧れに近づけたと高評価を得ているようです。

マイホームの建築は大金を費やすことになります。そんな一生に一度のお買い物ですからできるだけ不安の芽は摘んでしまいたいですよね。

こういった知識は自分で勉強して知識を付けない限り理解するのは難しいものです。

これから家を建てようと考える方は建築材料について勉強して知識を身に付けてからでも良いのではないでしょうか。

建築材料インストラクター認定試験の概要

建築材料インストラクターは日本インストラクター協会が主催する認定資格です。

受験料は10000円で、試験は在宅受験が採用されているので、申し込み・支払い・回答・結果まで全て自宅で済ませる事ができるのも高い評価の理由の一つとなっています。

気になる合格ラインですが70%以上の評価となっており、しっかり勉強して臨めば特別に難しい試験ではないとの意見も多くあります。

合格後、団体に受験料とは別途になりますが代金を支払い申請をすることで合格認定証や認定カードを発行してもらう事も可能です。

勉強方法に通信講座を利用する方も多く、中には卒業課題を提出することで卒業と同時に試験免除で建築材料インストラクター住まいアドバイザーの2つの資格を取得できるものもあるので、自分に合った勉強方法を探してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です