手作りが好きな人必見!ハンドメイド・クラフト手芸資格ランキング

手芸クラフト

今、ハンドメイドのよさが見直されています。フリーマーケットや、ネットのフリマアプリでも、手作りの品は大人気!世界で一つだけの品は、既製品にはない温かみと、特別感があって、もらった人も買った人も大満足です。今では、ハンドメイド品の売買で会社員より稼いでいる主婦もいるとか。資格があればさらに安定した収入が見込めます。おすすめのハンドメイド・クラフト手芸資格のランキングです。

1位  クラフトハンドメイドマイスター

JDPが認定するのがクラフトハンドメイドマイスターです。前まではクラフトマイスターと呼ばれていましたが、名称が変更になりました。
人気の理由は資格をとるうえで、受験資格が何もないこと、在宅受験が可能である手軽さです。試験も短期に開催されているので、1年のいつからでも資格の勉強を始めることができます。
クラフトハンドメイドマイスターは、装飾用糸の扱い方、布の染め方など、さまざまなクラフトの知識やスキルを所持している人をさします。個人の趣味だけでなく、フリマ用の商品製作や、副業としての教室など、幅広い活動が行えます。
自由に取引できる場が増え、クラフト作品の展示や販売の数が伸びています。今後はさらに活躍できる分野でしょう。手作りの楽しさをたくさんの人に広めることができますし、自分の作品が売れた時はすばらしい喜びがあります。
ハンドメイドのコミュニティはさらなる発展をみせるので、今資格を取得しておくことで、その大きな波にのることができるはずです。

2位  手芸アドバイザー

手芸アドバイザーは、日本生活環境支援協会が認定している資格です。
クラフトに関するカーピングやギャザーなどの知識と技術を理解している人が認定されます。
ひとえにクラフトといってもさまざまなジャンルがあります。男性も女性も、若い人から年配の人まで、多くの人が楽しめる趣味として長年人気を誇っています。
知識と技術がみにつけば、簡単に実用的なものをつくることができ、自分の作品を使ったり飾ったりする生活を楽しむことができます。ライフスタイルが豊かになりますね。また、買う中心の生活が、作る中心の生活になり、お得です。空いている時間を有効に使えば、さらなる副収入にも繋がります。
手芸アドバイザーの資格を取得後は講師活動ができます。楽しい手芸仲間が増えていきますね。

3位  雑貨カフェクリエイター

雑貨カフェクリエイターは、日本雑貨カフェクリエイター協会が認定している資格です。ちょっと耳なじみがないですが、カフェといえばオシャレな雑貨が一緒に存在しているイメージですよね。食・モノ・暮らしの好き・経験・特技を活かし、自分のスタイルとして表現するプロが、雑貨カフェクリエイターです。クラフトメーカーとショップオーナーをかねています。こちらの協会のスクールに入ることが条件となります。週1回、3ヶ月ほどのコースとなります。途中入学は可能ですが、数や日数に限度があります。ハンドメイドを活かしたカフェオーナーになりたい人は、考えてみてもよいでしょう。

4位  ハンドメイド・クリエイター

日本通信教育振興協会が認定するのがハンドメイド・クリエイター。この資格に認定してもらうには、日本創芸学院の通信講座である、雑貨ハンドメイド講座を受講しなくてはいけません。
アクセサリー、レザークラフト、バッグ、編み物など、最新のハンドメイド技術が身につきます。
広く浅くいろいろな物つくりを学びたいなら、ハンドメイドクリエイターを検討しても良いかもしれません。

5位  棒針編み講師認定証

棒針編み講師認定証は、日本手芸普及協会が認定しています。日本ヴォーグ社が企画している棒針編み講師認定講座の受講が必要となります。証学習期間内(最大2年)に8回の添削課題を全て提出し、定められたスクーリング受講を修了した人のみ、棒針編み講師認定証が取得できる仕組みです。
この認定証があれば、入門コースまでのカリキュラムを指導することができ、棒針編み講師認定講座入門コース修了証の発行資格が得られます。
手芸の先生になりたいという人にはおすすめですね。

まとめ

ハンドメイドを極めれば、誰しもが一流の職人さんになれる時代。オーダーメイドで素敵な作品ができれば、自分や家族はもちろん、世界中の人を幸せな気持ちにできます。器用さやセンスに自信がある人は、ぜひハンドメイドの資格を取って、その技術を世界に羽ばたかせてください!
ハンドメイド  ハンドメイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です