手作りキャンドルで癒される!キャンドル資格ランキング

キャンドル

女子に人気の癒しアイテム、キャンドル。今はさまざまな場所で、手作りキャンドルの講座が開催されていますね。自分の趣味に、あるいは講師になるための準備として、キャンドル資格をとってみてはいかがでしょう。人気のキャンドル資格をランキングにしてみました。

1位  キャンドルデザインマスター

キャンドルマイスターデザインという名称が変更になって、キャンドルデザインマスターとなりました。JDP(日本デザインプランナー協会)が主催しています。キャンドルデザインマスターは、ワックスを使い、さまざまな形、色、香りをしたキャンドルを創作できる技能を持つ人に与えられます。
キャンドルは癒しの効果があるといわれています。光を見てやすらいだり、優しい匂いで精神が安定したりします。形も多くの種類があり、円柱、球体、人形や動物などのモチーフもあります。そのキャンドルを創作できるキャンドルデザインマスターは一種のセラピストとも言えるでしょう。またキャンドル作りをしたい多くの人のために、自宅や公民館などで講師活動もできます。

2位  JIAキャンドルアドバイザー

キャンドルインストラクターという名称が変更になって、キャンドルアドバイザーとなりました。JIA(日本インストラクター協会)主催です。
こちらの資格は一般的な蝋燭であるベーシックキャンドル、水に浮かべることができるフローティングキャンドル、可愛いカップに入っているカップキャンドル、匂いがついたアロマキャンドルなどを作成する技術を有し、講師として他者に教えることが可能な人に与えられます。
2ヶ月に1回、偶数月に受験できます。在宅受験も可能なので、気軽に挑戦できますね。キャンドルショップの独立開業への一歩としても有効です。

3位  キャンドルマイスターディプロマ

キャンドルマイスターディプロマは、日本ヴォーグ社が主催している資格です。ヴォーグ社の講座を受講することが条件となります。
こちらの講座は、キャンドルを作る灯すこと、キャンドルについて語る伝えるをテーマにしています。キャンドルマイスターディプロマは、キャンドルの楽しみ方や効果、作り方の基礎から応用までを学び、キャンドルの素晴らしさを伝えられる人に与えられる資格です。
人気のショップであるカメヤマキャンドルハウスが全面監修しています。資格認定後は、講師として活躍することが可能になります。

4位  JCA認定キャンドルアーティスト

日本キャンドル協会(JCA)が主催している資格です。こちらの資格は、JCA認定キャンドルクラフトコースの修了認定の後に、受講することが可能になります。まずはキャンドルクラフトコースで自分の想像をキャンドルで表現できる技術を学びます。そのあと、アーティストコースで、社会で活躍できるキャンドルプロフェッショナルを目指すことになります。こちらでは、キャンドルの創作だけでなく、空間装飾能力およびマーケティングスキルも学ぶことになります。段階が必要ですが、プロフェッショナルを目指すならぜひ取得したい資格ですね。

5位  JCA認定キャンドルインストラクター

こちらも日本キャンドル協会(JCA)が主催しています。JCA認定キャンドルアーティストアーティストと同様、クラフトコースの修了認定が受講には必要です。
キャンドル制作を教えるためのプロのインストラクター資格なので、独立開業などを目指す人に適しています。
JCA認定キャンドルインストラクターは、JCA認定キャンドルクラフトコース、JCA認定キャンドルアーティストコースを自宅などで開講することもできます。またJCA直営校で講師として働くこともできます。将来を見据えた資格といえるしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ひとえにキャンドル資格といっても、さまざまなものがありますね。それぞれ特徴がありますので、自分が目指したいものは何なのか、どのような知識や技術を中心として会得したいのかを良く考えて、自分にあった資格を目指してくださいね。
キャンドル資格  キャンドル資格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です