手作りパン資格人気ランキング

自宅にホームベーカリーのあるお宅が増えています。
これは、毎日のように食べるパンにを「買うよりも作って食べたい」と考えている人が増えているということですよね!
より専門的にパンを作りたいという声に応えるように、現在はパンに関する様々な資格が用意されています。
パン好きの人にとっては、パンに関する資格を身につけて、好きなパンをお仕事にすることも夢ではありません。
ここでは、手作りパンに関する資格の中から人気の資格6位までをご紹介します!

1位 手作りパン健康ソムリエ

手作りパン健康ソムリエは、日本安全食料料理協会(JSFCA)認定の資格です。

この資格を通して、小麦の生まれた場所や、発酵パンのはじまりなど、パンに関する歴史や、世界の様々な地域のパンの違いについて知識を習得できます。
パンの製法には、ストレート法、ポーリッシュ法、中種法などの様々な製法があります。
ポーリッシュ法や中種法は発酵種法とよばれるもので、こねる過程を分割する方法のことです。
そうした様々なパンの製法について学ぶことができます。
また、パンに使う小麦粉や天然酵母やイーストの種類と働き、発酵の過程や手順、ベンチタイムの必要性、パンを焼き上げる際のポイントなどに関して学べます。
このため、文化的な面も含め、総合的にパンのことに詳しいことが証明できる資格です。

この資格を習得するには様々な知識が求められるので、飲食関係の方にもお勧めできますし、無添加の自家製パンを生活に取り入れてみたい方にもお勧めします。

2位 パン・ベーカリーアドバイザー

パン・ベーカリーアドバイザーは、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定している資格です。

パンの種類や製法に関してあらゆる知識を有し、パン作りの手順やポイントについての技能について学ぶことができる資格です。
たとえば、食事パン、調理パン、バラエティブレッドとおやつパンなどさまざまなパンの分類について、知識が身につきます。
さらに、実際にクロワッサン、ミルクパン、ブリオッシュなどのさまざまなパンを作るときのレシピを学べます。
パンを焼くときの調理方法についても、ガス抜きや発酵の正しい方法や、作っているときに起こりがちな、うまく膨らまないときの対処法が学べます。
いろんなパンが焼け、また上手くいかない人にアドバイスもできるようになれますので、取得後も楽しみが増えそうな資格です。

資格取得後は、講師としてパン教室を開催したり、自宅でより本格的なパン作りを実践したりすることが期待できます。

3位 おうちパンマスター

おうちパンマスターは、cottaが運営する認定資格です。
パン作りに自信がない方、毎日忙しくてパン作りができないという方、パン作りを教えてみたい方が、時間をかけず、楽しく、簡単にパン作りを楽しんでもらう方法を取得できるようになっています。

通信講座を受けるか、認定教室に通うかが選べます。
人気とともに実際に受講できる認定教室が増えつつあります。
9レシピの課題の提出後に卒業テストを受けて、合格すれば「おうちパンマスター」に認定されます。

合格後も、facebook交流会などがあり、勉強や活動を続けやすくなっているのが特徴です。
さらに勉強したい方向けに、シニアおうちパンマスターという上位の資格も用意されています。

4位 パンアドバイザー

パンアドバイザーは、日本野菜ソムリエ協会が主催する資格です。

協会の「ソムリエ」という名前のとおり、パンを食べるすべての人を対象としており、食べるための知識を中心に学習します。
受験前に、開催する講座全4回のうちの3回以上出席することが求められます。
講座では、パンの原料と製法、パンの歴史、パンの表示などを学ぶほか、実際にパンの食べ比べをする講義もあります!
食べたパンの情報を記録するために、協会オリジナルのパン記録帳「モン・カルネ」に記録していきます。
この「モン・カルネ」を通して、パンの経験を記録し、人に語ることができるようになります。

5位 パンコーディネーター資格

パンコーディネーター資格は、日本パンコーディネーター協会(JPCA)が認定する資格です。

この資格が生まれたのは、「この食事には、このパンが合う」「このワインの魅力は、このパンで引き立つ」といった知識が、日本に十分に浸透していないという文化的背景があります。

パンのプロフェッショナルになることを目的に、3つの資格制度が用意されています。
順に、パンコーディネーター、パンコーディネーターエキスパート、、パンコーディネーターアドバンスと受験できます。
この資格を取得することで、ニーズに合わせた適切なパンを提供できる知識を持つことができます。
受講を通じて、世界のパンが体験でき、食シーンに応じた食べ方や、楽しみ方が学べそうですね。

6位 パンシェルジュ検定

パンシェルジュ検定は、パンシェルジュ検定運営委員会が主催する資格です。

資格は3段階用意してあり、パンシェルジュベーシック(3級)、パンシェルジュプロフェッショナル(2級)、パンシェルジュマスター(1級)と進めることができます。
3級では、パンの歴史、パンの種類と分類、パンの材料と道具、パンの製法、パンづくりの工程、美味しい食べ方など、幅広い知識を身に着けられます。
2級になるとパンとのコンビネーションや天然酵母についてなど、より深い知識を学びます
1級では、さらに専門的な知識とともに、パンに関する経営やサービスなどの知識を習得します。

この資格は、テキストが一般販売されていることもあり、大変勉強しやすくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です