手作り石鹸資格人気ランキング

石けん

石鹸と聞くと、百貨店やスーパーで購入することが一般的だと思われがちですが、手作り石鹸の人気が高まっており、自分に合った石鹸を作っていらっしゃる方もいらっしゃいます。日本人は肌が繊細で、かぶれてしまう人も多くいます。また、アレルギーなどで石鹸を気軽に使えないという人もいるでしょう。そこで、手作り石鹸は肌に優しい原料を使用することで、誰でも使用できる石鹸も作り出すことができるのです。他にも、愛犬のために作る手作り石鹸などもあります。石鹸に関する資格を取得し、技術を伝達できるレベルに至った人は、開業や講師としての選択肢も考えることが可能となります。特に上位にランクインしている資格は、取得にあたり制限がなく、努力次第では誰でも取得することができます。

1位 コールド・プロセスソープマイスター

コールド・プロセスソ-プマイスターとは、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催の検定支援となっており、手作り石鹸に関する基礎知識を始めとして、道具の選び方や材料の選び方などを理解し、個人にあったハンドソープを作ることができる人に贈られる資格です。この資格は、オイルやフレッシュハーブを使った石鹸の取り扱いを行え、香りについてやスキンケアなどの専門に関心の高い人に向けた内容になっています。手作りの石鹸を作ることが好きな人や、肌に優しい石鹸が欲しいという方に人気を集めている資格です。

2位 手作り石鹸インストラクター

手作り石鹸インストラクターとは、日本インストラクター協会(JIA)が主催の検定試験で、手作り石鹸の作り方を理解した上で、その技術・知識を指導する事が出来るスキルを証明した資格となっています。もちろん、自分で手作り石鹸の制作をしたいと考えていらっしゃる方にもおすすめの資格ではありますが、石鹸に興味があり、将来誰かに手作り石鹸についての講師をしたいと考えていらっしゃる方にとっては、この資格を持っておくと安心だと言えるでしょう。副業として手作り石鹸の講師活動を考えている人には特に人気を集めている資格です。

3位 マスター・ソーパー

マスター・ソーパーはハンドメイド石けん協会が認定している資格で、手作り石鹸の製作に関する理解や原材料及び、道具に関する知識・技術を習得したうえで、経験や講師として他の方の模範となる高いモラルを有している人と認められる資格となっています。資格取得後は、協会が行っている講習会などに参加し、活動促進を行います。この資格では、個人で行うより、団体としての活動が中心となります。ハンドメイドソープについての魅力を広めたい、活動に参加したいと考えている人に人気を集めています。

4位 シニア・ソーパー

シニア・ソーパーとは、ハンドメイド石けん協会が認定している資格で、マスター・ソーパーと同じです。この資格は取得が少し大変な資格となっています。簡単に説明すると、シニア・ソーパーになるには1.同協会会員であること、2.ジュニア・ーパーとして2年以上の経験があることといった数々の条件が必須になります。この資格は、マスター・ソーパーよりランクが一つ下の資格で、経験と実績が必要な資格です。ただし、資格取得後は、ソーパーとして資格を取りたい人に講習を行ったり、試験を実施したりすることができます。

5位 犬の石けんマイスター

犬の石けんマイスターは、ハンドメイド石けん協会(HSA)が主催の検定試験で、ワンちゃんのための手作り石けんに関する資格です。愛犬はもちろん、様々な種類の犬に合わせた石鹸を作成することができ、基礎的な知識を始めとして、石鹸の配合に理解ある人へ認定される資格です。鹸は、基本的に人間が使っているものですが、ペットのワンちゃんにも使います。そんなワンちゃんのために手作りの石鹸を作る人が増えています。犬を飼っている方にを始めとして、石鹸に興味のある方に人気の資格になっています。
手作り石鹸  手作り石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です