手相鑑定士認定試験口コミ評判

手相

今回の記事では手相鑑定士について紹介させていただきます。
占いの種類の1つとして知られている手相占い

人間の手相のしわの長さや形を見て、人生の機転などを紹介することができる占いです。

何歳で結婚するのか。

何歳まで生きることが出来るのか。

何が得意なのか。

手相のしわ1つで様々なことを知ることができ、この占いの結果は時としてショックを受けることもありますが、基本的には人生を豊かにするためのアドバイスとして活かされています。

今回は手相鑑定士認定試験の説明をさせていただきます。

どのような試験形態なのか、どんな口コミが来ているのか、資格をどのように活かすことができるのか等、手相鑑定士についてしっかりと学ぶことができるので興味のある方は是非チェックして行ってください!

手相鑑定士認定試験の概要

【受験資格】なし

【受験料】10000円(税込み)

【受験申請方法】インターネット申し込み

【受験方法】在宅受験

【合格基準】7割以上の評価

【試験実施日】偶数月の20日から25日

【試験申し込み期間】奇数月の月末まで(例1月の20日に申込→2月の20~25が試験)

手相鑑定士の認定試験を受けるためには、特に必要な資格などはありません。

どんな方でも受験料さえ払うことができれば、気軽に受験することが出来ます。

申込方法はインターネット。在宅で気軽に受験申込をすることが出来ます。

受験方法は在宅受験です。

偶数月の20から25日の間に答案し、郵送するだけで受験を終えることが出来ます。

年6回のチャンスを無駄にすることなく、しっかりと勉強することで合格することができる認定資格なので、テキストをしっかりと理解し人に教えることが出来るレベルまで自分の頭に浸透させましょう!

手相鑑定士認定試験に対する評判や口コミの評価

手相鑑定士認定試験を受けようとするキッカケとして手相占いで衝撃を受けたというケースが多いことがわかりました。

占いが好きな女性が、手相占いで的確なアドバイスを頂いた時。

自分でも手相占いがしたいと思った女性。

女性は男性よりも占いに興味がある傾向があるので、興味を持ち手相鑑定士になってみたいと興味を持つ方が多いようです。

どちらかというと女性に人気がある認定資格ですね。

大好きな占いを自分の知識として備えることができるメリットがあるため、活かす活かさないは関係なく、1万円を趣味のお金として払っている方も多いようです。

手相鑑定士に向いている人はどんな人なのだろうか

手相鑑定士に向いている人の特徴を紹介させていただきます。

ズバリ、占いを活かしたい人です。

手相鑑定士になるためには、占いそのものに対する探究心が必要です。

手相から得ることができる意味の知識をしっかりと自分に備えることで初めて正しいアドバイスが出来るようになります。

的確なアドバイスは思ったよりも難しく、自分の中に完璧に知識が入っていないと難しいのです。

占いそのものに対する情熱と、占いの知識を相談者のために活かしたい、提供してあげたいという意欲がある人に手相鑑定士は向いていると言えます。

手相鑑定士はどんな活動ができるのか

手相鑑定士認定試験合格後は、2種類の活動方があります。

・手相占いの開業

街で良く見かける手相占い師として活動することが出来ます。

訪ねてくる人は様々だと思いますが、相談者の手相からしっかりと人生を豊かにする為のアドバイスを提供してあげましょう。

あなたの占いに衝撃を受け、手相占いを始めようと思う方も出てくるかもしれません。

占い師としての活動の最前線ですね。

・手相占いのワークショップ

イベントの企画っぽくなりますが、あなたが持つ手相占いのノウハウをワークショップとして教えましょう。

占いに対して興味を持っている人は女性の幅広い世代に見られるので、多くの人に手相占いの知識を伝えることが出来ます。

活用しやすいように言葉を崩して教えてあげると、やりがいを感じられるかもしれませんね!
手相  手相

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です